老化対策!マイナス10才肌を作る3つのポイント

公開日: 

肌 老化対策 ポイント

綾瀬はるかさん、石原さとみさんなど、女優やモデルとして活躍する芸能人の皆さんは、見た目年齢がとても若いですよね。芸能人のように若々しい肌を保つためには、一体どうすれば良いのでしょうか?

マイナス10才肌も夢じゃない!今すぐ始めたいお肌の老化対策に大切な3つのポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

肌老化の8割は紫外線!UVケア対策

肌老化対策で欠かす事ができないのが「紫外線対策」です。
肌老化の約8割は、紫外線が原因と言われていますので、紫外線対策を徹底する事で肌老化を大幅に抑える事が出来るのです。

紫外線は、体のサビと言われる活性酸素を増やし、正常な細胞にダメージを与えます。
ダメージを受けた細胞はメラニンを過剰に生成させ、シミやたるみを生み出し、肌の老化を促進させます。

紫外線は夏の時期に気を付けるイメージがありますが、1年中降り注いでいるものです。
曇りの日にも存在しますので、日焼け止めクリーム、UV帽子、手袋、日傘などを活用して、紫外線から肌を守るようにしましょう。

老化スピードを加速させるストレス対策

ストレスは体を老化させる原因に繋がります。
まず、ストレスは紫外線によるダメージと同様に、活性酸素を増やします。そして、血液の流れが悪くなるため、ダメージを受けた肌は代謝の低下により、ターンオーバー機能の乱れを引き起こします。さらに、ストレスは自律神経を乱れさせ、不眠やホルモンバランスの乱れに繋がるため、老化スピードを加速させます。

スポンサードリンク

ストレスを解消させるためには、適度な運動と充実した生活を心がける事が大切です。
湯船に浸かってゆっくりと入浴し、湯上りに簡単なストレッチをするだけでも心身をリフレッシュさせる事ができます。

仕事が忙しい方は、休日は笑顔で過ごせるように、趣味などを充実させるようにしましょう。心が満たされている方は、周りから見てもイキイキとしているため、若々しくキラキラと輝いているように見えます。

老化を招く食生活に要注意!食事対策

毎日の食生活でも肌の老化対策を行う事ができます。
まず、糖質が多い食事を過剰に摂取すると「糖化」という現象が起きます。
糖化は、体内のタンパク質が糖と結びつき、体温によって温められる事で肌を老化させます。黄くすみ、しわ、たるみ、乾燥をもたらすため、糖質が多い食生活に偏らないように気を付けましょう。

そして、紫外線やストレスによって発生する活性酸素を抑制するためには、「抗酸化力」に優れた食品を積極的に摂取しましょう。「ポリフェノール、イソフラボン、リコピン、ペクチン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル」は、抗酸化力に優れた食品です。ダメージを受けてしまった肌の修復を助けてくれるので、積極的に摂取する食生活を身につければ、若々しい肌を保つ事ができます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑