ボリュームのあるニットの上に合わせるおすすめのアウターは?

公開日: 

ボリュームのあるダウンジャケット

冬コーデを彩るざっくりとしたボリュームがあるニット。とても可愛いアイテムですが、上に羽織るアウター選びに困った事はありませんか?ボリュームのあるニットでもスッキリと着こなせるおすすめのアウターと選び方のポイントをまとめました。
スポンサードリンク

ボリュームのあるニットにNGなアウターとは?

ボリュームがあるニットに合わせるアウターは、タイトなデザインは避けるようにしましょう。レザージャケットやショート丈のブルゾンは、コンパクトなデザインです。モコモコとしたボリュームのあるニットをインナーに合わせると、シルエットが乱れてバランスが悪くなります。

また、ウエストラインが細いシルエットがキレイなコートは、体にフィットするように作られているため、ボリュームがあるニットは着ぶくれを起こしやすくなります。実際よりも太っているように見えるので、タイトなデザインとコンパクトなデザインのアウターは避けるようにしましょう。

・ダウンジャケット
・トレンチコート
・チェスターコート
・プリンセスコート
・MA-1ブルゾン
・中綿ブルゾン
・レザージャケット

スポンサードリンク

ボリュームのあるニットにおすすめのアウター

ボリュームのあるニットに合わせるアウターは、ニットの厚みに負けないゆったりとしたシルエットのアウターがおすすめです。ガウンコートやコクーンコートは、ウエスト周りに余裕があるデザインのため、ニットと合わせても、もたつきにくいアウターです。

それから、ドルマンスリーブやバルーンスリーブなど、袖周りにボリュームがあるニットは、袖周りのサイズにも注意しなければいけないため、アウター選びに悩みがちです。

ポンチョやケープなど、袖周りを気にしないアウターもありますが、個性的なコーデになりやすいので、着回し力が低いのがデメリットです。着回し力が高く、トレンド感のあるシックな冬コーデを目指す方には、ショールカラーのコートやガウンコートがおすすめです。この2つのアウターは、伸縮性がある素材を採用している事も多く、カーディガン感覚で羽織れるアウターです。

租で周りにボリュームがあるニットでも、窮屈になりにくいというメリットがあります。ニットのモコモコとしたデザインがアウターに響きにくいので、シルエットを崩さずにスッキリと着こなす事ができます。

・ガウンコート
・コクーンコート
・ロングダッフルコート
・ショールカラーコート
・ケープ
・ポンチョ

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑