どう違うの?国産と韓国製ウィッグのメリットとデメリットについて

公開日:  最終更新日:2014/09/26

ウィッグには色々な種類がありますが、生産国によっても品質に差が出てきます。
ファッション用ウィッグでは、人毛よりも価格が安くお手入れが簡単なファイバー(人工毛)が主流となっていますので、「国産ファイバーウィッグ」または、「韓国製ファイバーウィッグ」が人気です。

しかし、国産or韓国製ウィッグはどう違うのでしょうか?
2つのメリットとデメリットをまとめてみましたので紹介していきますね。

スポンサードリンク

<国産ファイバーウィッグのメリットとデメリット>

国産ファイバーウィッグのメリットは、良質なファイバーを使用していることです。
指通りが良く、毛同士が絡みにくいファイバーで作られたウィッグは、簡単なお手入れで長期的な使用が可能です。

スポンサードリンク

また、ふかし加工など、ウィッグを自然に見せるための細かな技術が沢山採用されていますので、馴染みが良く違和感なくヘアアレンジが楽しめます。

ただし、韓国製と比べるとお値段はやや高めとなりますので、こだわりの自然派ウィッグが欲しい方におすすめです。

<韓国製ファイバーウィッグのメリットとデメリット>

韓国は、ウィッグ大国とも言われているファッションウィッグの先進国です。
そのため、韓国製ファイバーウィッグのメリットは、最新のトレンドを盛り込んだ豊富なデザインやカラーバリエーションが存在することです。

日本製の国産ウィッグよりは品質は劣ってしまいますが、価格も安く初めてウィッグを購入する方には十分の品質を保っています。

光沢や生え際が気になる方は、帽子やヘアアクセサリーを併用することで自然な雰囲気を出すことができます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑