ノースリーブに合わせる羽織ものシーン別で考えてみる

公開日: 

ノースリーブをコーディネートに取り入れる時は、着こなしのスタイルを崩さないための「羽織もの」があると便利です。シーン別に持っておきたい羽織ものをご紹介しますね。

スポンサードリンク

フォーマルなシーンの羽織もの

夏のフォーマルなシーンでは、ノースリーブタイプのワンピースも販売されていますが、基本的にはフォーマルなシーンでの露出はNGとなります。

そのため、フォーマルなシーンでノースリーブを着る際には、必ず「ジャケット、ボレロ、ストール」など、肌を隠すことが出来る羽織ものが必要となります。

ジャケットやボレロは、長袖でも夏用の素材で販売されていますので、合わせて揃えておくようにしましょう。

リゾートシーン向けの羽織もの

開放感があるノースリーブを使ったコーディネートは、海辺などの屋外のリゾート地におすすめのスタイルです。

ラフスタイルに合わせる羽織ものは、「ジレ、ストール」なら、軽やかで清涼感があり、マキシワンピなど、リゾートファッションとの相性も抜群です。

スポンサードリンク

また、大判のストールは、陽射しが強い時には紫外線予防にもなり、必要でない時にはコンパクトに畳むことが出来て便利です。

オフィスシーン向けの羽織もの

ノースリーブのブラウスは、オフィスカジュアルとしても人気があります。
しかし、会社では冷房が利きすぎていることも多いので、羽織ものの定番である「カーディガン」があると便利です。

夏向けのカーディガンとして、七分袖の麻素材などが販売されていますので、季節感のあるカーディガンなら、重ね着をしても爽やかに着こなせます。

カーディガンのボタンは止めず、羽織るだけにするとノースリーブのデザインを損なうことがありません。

おわりに

いかがでしたか?

ノースリーブは着心地も涼しく暑い日にはピッタリのアイテムですが、二の腕が気になるという方も、是非羽織ものを活用して体型カバー&快適なコーディネートを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑