チュニックブラウスでおばさんコーデにならないための着こなし方

公開日: 

夏のコーディネートに、軽やかで涼しげなブラウス素材のチュニックを取り入れる方も多いですよね?

しかし、NGコーデで実年齢よりも老けた印象になっていませんか?

おばさんコーデにならないためのチュニックブラウスの着こなし方をご紹介しますね。

スポンサードリンク

二の腕が気になる時の半袖チュニックの選び方

夏になると露出が増えてきますが、女性の多くは「二の腕」の太さが気になるのではないでしょうか?

半袖のチュニックブラウスで二の腕をカバーする時は、ふっくらとした「パフスリーブ」を選んでしまう方もいますが、かえって二の腕を強調してしまうのでNGデザインとなります。

二の腕が気になる方は、フレアーやドルマンスリーブのゆったりとした袖口を選ぶようにしましょう。例え、二の腕が太くてもスッキリとした印象になります。

上半身にボリュームが出てしまう時のチュニックブラウスの着こなし方

チュニックブラウスを着こなす時に、上半身のボリュームが気になってしまう事があります。あまりボリュームが出すぎると、マタニティファッションのように見えてしまうので、まずはサイズ選びを失敗しないようにしましょう。

スポンサードリンク

ただし、ボリュームを抑えるためにウエストにベルトを合わせたり、絞りが利いたデザインを選ぶのはNGです。40代以上の方ならエレガントな大人の着こなしになりますが、若い女性が着ると一気に老けた印象になるので要注意です。

上半身のボリュームは下半身のボトムスでバランスを取るようにしてください。
ショートパンツ、スキニーなどコンパクトなボトムスを合わせましょう。

レギンス&トレンカはNG!チュニックブラウスでボトムス選びの注意点

ボリュームのある上半身に合わせて、ボトムスにタイトなレギンスやトレンカを合わせてしまう方はいませんか?

数年前にトレンドとなったレギンス&トレンカですが、流行の移り変わりは早いものです。
おばさんコーデを作る原因となりますので、レギンスではなくレギパンを合わせてくださいね。

レングスの長いパンツは、ロールアップをして軽やかさを出しましょう。
パンツファッションでも麻素材などを選べば、涼しい夏コーデが作れますよ。

おわりに

いかがでしたか?

チュニックブラウスは、ほんの少し着こなし方のコツを掴むことで、若々しくフレッシュな着こなしに仕上がりますので、素敵なチュニックコーディネートを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑