女子旅で初めて北海道に行くなら!このプランがオススメ!

公開日:  最終更新日:2014/09/29

「北海道に旅行に行こう!でも広くてどこに行くと良いのかわからない」
そんな悩みのある方は、札幌の観光から始めてみませんか?
北海道らしい旅行が出来るプランがありますので、ご紹介していきますね。

スポンサードリンク

<憧れの北海道!初めての女子旅ならスタンダードに雪を楽しむ!>

初めて北海道に行く女子旅なら、スタンダードに雪祭りから楽しんでみましょう。
やはり、他のエリアまで広げて遊ぶよりは、先に札幌を満喫しておくのがベストです。
雪祭りシーズンは、かなり混み合いますが、旅行会社のプランも充実していますし、早めの予約で比較的リーズナブルです。
ホテルは大通り周辺か札幌駅周辺にすると拠点として動きやすいですよ。
また、札幌は雪祭りシーズンが最もインフルエンザの流行る時期なので、マスクをしたり予防接種をしてくると後で辛い思いもしません。
足下が滑りますので、雪祭り会場でも気をつけなくてはいけません。
わざわざ1回のために冬靴を購入するのはもったいないので、コンビニで売っているワンタッチの滑り止めをオススメします。
現地購入になりますが、600~1,500円程度で1っそくぶんが手に入りますよ。
大通公園の雪祭り会場は1丁目~8丁目の範囲で行われます。
一番困るのはトイレですが、南北の道路を挟んだ向かいにホテルや商業施設がありますので、そちらのトイレを使用すると待ち時間が少ないですね。
会場設置のトイレは、並んで大変なことになります。
コツを知って行けば、とても楽しい女性旅の思い出になりますのでオススメします。

スポンサードリンク

<雪祭りプラスアルファ<食べる>を楽しむ女子旅プラン>

せっかく女性旅で北海道に来て、雪祭りを見ただけでは面白くありませんね。
食べるとことも満喫したいと思いませんか?
「とりあえず思いつくのがラーメン!」と言うことなら、まず、ココには行かないで欲しいところから始めましょう。
札幌駅のエスタ上にある「札幌ら~めん共和国」は、名店が入っているものの本店レベルで美味しいと言う感じはありません。
お店によってはスープがぬるかったり、あまり良い評判はありません。
また、すすきのの「ラーメン横丁」もオススメしません。
確かに30年くらい前までは、美味しくて人気もありましたが、ここ数年では期待したほどでもなく高いだけなので避けましょう。
少し離れますが、「麺屋 彩未」「麺や けせらせら」などランキング上位の店を選んだ方が良いでしょう。
変動があるので検索しておいてくださいね。
どうしても大通り周辺なら、大丸セントラル藤井の4階に「味の三平」があります。
ここは味噌ラーメンの元祖で、人気もあるので混んでいます。

<札幌土産で失敗しないための○得情報!>

女子旅で札幌に来てもお土産は欠かせませんよね。
海産物を買って置こうという方には、大切なお知らせがあります。
実は、どの地域の方にも有名な「二条市場」。
ここでお土産を購入してはいけないんですね。
良く聞く話ですが、「お試しで食べさせてくれたのは美味しかったのに、酷い粗悪品が届いて最悪だった」と言うのがもっぱらの評判です。
値段も高いですし、美味しくない海産物が届いては、楽しい旅行も台無しです。
海産物のお土産にするなら、場外市場まで足を伸ばすのが定番です。
他のお菓子や工芸品は、どこで購入しても問題はありません。
もし、「買い忘れた!どうしよう!」と思っても、新千歳空港の売店でほとんどのものが手配できますので安心ですよ。
空港では海産物のお土産も扱っていて、荷物を持ち歩くより、帰りがけの空港で手配してしまった方が簡単です。
重たい荷物は、女性にとって負担になりますからね。

<まとめ>

初めて北海道に女子旅をしようと思ったら、地元の情報も知っていくと損をすることがありません。
買わなくて良いものがあったり、簡単に済ませる方法があると、動きやすく快適ですよ。
また地元の人しか知らないNG情報があれば、店選びに失敗することもありません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑