赤のパーティードレスのコーディネートポイント

公開日: 

赤のパーティードレスは、とても華やかで印象的です。
しかし、一歩間違えると場違いなドレスとなってしまいますので、素敵に着こなすためのコーディネートポイントをご紹介しますね。

スポンサードリンク

赤のパーティードレスはトーンが重要

赤のパーティードレスは、トーンによって印象がガラリと異なります。
例えば、鮮やかなヴィヴィッドカラーのレッドは、とても目立つ色となりますので主役がいるようなパーティーの席では避ける必要があります。もしも、明るい赤のドレスを着たい場合は、お友達同士のカジュアルなパーティーなどで選ぶようにしましょう。

そして、結婚式の披露宴などフォーマルなパーティーでは、暗めのトーンの赤を選ぶようにしましょう。ワインレッドのような渋みのある赤は、クラシックな雰囲気が出るので大人の女性でも素敵に着こなせます。

赤のパーティードレスに合わせる小物

赤のパーティードレスに合わせる小物は、黒、ゴールド、シルバーのカラーを選ぶのがおすすめです。ただし、黒×赤の組み合わせは重厚感があるので、小物すべてを黒で統一してしまうと重たい印象が出てしまいます。

スポンサードリンク

シルバーを上手く取り入れると上品なコーディネートに仕上がりますので、黒のボレロやバッグを選んだ時にも、シューズをシルバーで合わせるとバランスが良くなります。

赤のパーティードレスを上品に着こなすためのポイント

赤のパーティードレスは、それだけで印象深いスタイルとなりますので、できるだけシンプルなデザイン&コーディネートにすることが、上品に着こなすためのポイントです。

髪の毛をアップにしたり、バッグは小ぶりサイズのものを選んでスッキリとまとめた方がドレスとのバランスが良くなります。アクセサリーも華奢なデザインのものを合わせましょう。

まとめ

赤いパーティードレスは、ゴージャスになりすぎないようにすることが、キレイに着こなすための大きなポイントです。夜のお仕事の方?ダンスパーティー?と思われないように気を付けてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑