赤いパーティードレスのNGコーディネートまとめ

公開日: 

華やかなドレススタイルを作ることができる赤のパーティードレスですが、センス良く着こなすのが難しいですよね。そこで、コーディネートに失敗しないためのNGポイントをまとめてみました。

スポンサードリンク

赤×白はNG!センスがないコーディネート

お祝いごとのパーティーであったとしても、赤いパーティードレスに「白」のアイテムを合わせたコーディネートはセンスがありません。
紅白のカラーは確かに演技は良いのですが、対照的すぎる色となりますので、ドレスアップのコーディネートとしてはNGなスタイルです。

また、印象的な赤のパーティードレスは、十分に華やかさがあります。
そのため、似たような暖色系のカラー(ピンク、オレンジなど)は、赤に合わせるとしつこすぎて下品な印象を与えてしまうので気を付けましょう。

セクシーさを狙いすぎたNGコーディネート

赤は情熱的なカラーとなりますので、女性が赤いドレスを着るだけで十分に色気を放ちます。そのため、網タイツや柄タイツを合わせてしまうと、セクシーなコーディネートになり過ぎてしまいます。

スポンサードリンク

無地の黒でもセクシーさが際立ってしまうので、エレガントなスタイルに仕上げるなら、シンプルなベージュ系のストッキングを合わせるようにしましょう。

結婚式のゲストが赤いドレスを着るのはNG?

結婚式のゲストとして呼ばれた方が、赤いパーティードレスを着ることはNGではありません。しかし、場合によっては花嫁がお色直しのドレスに赤を選ぶこともあるため、控える方が良いという意見が多いのです。

結婚式のゲストに呼ばれた方が赤のパーティードレスを着る際には、できるだけトーンが落ち着いたもの。そしてデザインがシンプルなものを選ぶようにしましょう。
きちんとボレロを羽織って露出を控えることを忘れなければ、赤のドレスでもマナー違反なコーディネートになりません。

まとめ

お友達同士でクリスマスパーティーを開くなど、ファッションのマナーが必要とされない場合にはNGコーディネートを気にする必要もないので、自分の好みの着こなしを楽しみましょう。シーンによって使い分けてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑