体型の悩みをカバーするノースリーブの着こなしコーデ術

公開日: 

夏のレディースファッションアイテムの定番「ノースリーブ」ですが、露出が多くなる分、どうしても体型の悩みが気になりますよね。

体型の悩みをカバーするノースリーブコーデの着こなしポイントをご紹介しますので、自信を持って夏のコーディネートを楽しみましょう。

スポンサードリンク

二の腕が太くてもノースリーブはOK?

二の腕が太い=ノースリーブはNGと思っている方も多いのですが、意外にも思い切って二の腕を出した方がスッキリと見えることもあります。

ただし、二の腕が気になるからといって肩回りにフリルが付いたデザインなど、少しでもカバーしようという考えはNGです。視線が集中するので、二の腕の太さが強調されてしまいます。

そのため、二の腕が気になる方は、首回りの開いたタンクトップなどがおすすめです。
アクセサリーやストール、フロント部分にデザインの入ったものなら、視線がバスト周りになるので、二の腕の太さもカバーできます。

肩幅が広い方は胸元をスッキリと

肩幅が広い方は、肩を強調してしまうノースリーブを着るとガッチリとした印象になってしまいます。

スポンサードリンク

タートルやスタンドカラーのような首が詰まったデザインや、肩ひもが太いタンクトップなどは、肩幅が強調されやすいため、Vネックや開襟タイプのノースリーブを選ぶのがおすすめです。

胸元をスッキリとさせることで、肩幅の広さをカバーすることができます。
また、ブラウスタイプのノースリーブで、軽やかさを出すのもおすすめですよ。

下半身太り&お腹ぽっこりさんはチュニックで

上半身に比べて下半身のボリュームが気になる方や、お腹がぽっこりと出ている方は、チュニックブラウスタイプのノースリーブがおすすめです。
シフォン素材など、軽めの生地で作られたチュニック丈のノースリーブブラウスなら、ウエストやお尻周りの気になるパーツを自然にカバーすることができます。

七分丈のクロップドパンツや、ショートパンツをボトムスに合わせれば、見た目にも涼しげな印象となり、夏らしいコーディネートに仕上がります。

まとめ

体型の悩みを上手にカバーすれば、オシャレの幅も広がり色々なコーディネートを楽しむこが出来るようになります。夏アイテムを代表するノースリーブ。
是非、今年の夏は素敵に着こなしてみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑