クリスマス料理はチキン?ターキー?どっちが正しいの?

公開日:  最終更新日:2014/09/25

日本人はクリスマスと言えば「チキンの丸焼き」が王道だと思っています。
では、アメリカのクリスマスではどの様になっているのでしょうか?
たったこれだけなのに、文化・歴史背景や宗教への考え方の違いがわかる面白い話があるのでご紹介しますね。

スポンサードリンク

アメリカのクリスマスには七面鳥が正しいメニュー!?

アメリカのクリスマスには七面鳥が用意されています。
私たち日本人にはあまり馴染みがありませんが、きちんとした由来があります。
実は白人が移住する様になって、食べるものには本当に困ったそうです。
ところが、ネイティブアメリカンが、トウモロコシなどの穀物を栽培していたので、困っている白人たちに教えてあげたそうです。
そして北米が原産地の七面鳥も贈ったことから生き延びることが出来ました。
その後、穀物栽培が安定してくると、白人がネイティブアメリカンを招待して、神様への感謝のお祭りをしました。
その席に七面鳥を出したことから、「お祝いの時には七面鳥」と言う風習が出来たようですね。
クリスマスでも七面鳥がテーブルに上るには、こう言った理由があったんです。

スポンサードリンク

日本のクリスマスでチキンが人気のワケ

日本のクリスマスでチキンが定番なのはどうしてでしょう。
七面鳥の丸焼きはかなりサイズが大きいんですね。
そうすると日本の様な少人数の家族では食べきる事ができません。
オーブンに入れようと思っても、対応しているサイズのものは日本のご家庭に少ないですね。
何より大きな理由ですが、「馴染みが少ない」と言うことです。
普段から親しんでいる訳ではありませんし、チキンの方が美味しいと感じる人は多いですね。
そこで日本のクリスマスには、チキンの丸焼きを出すことが多いのです。

日本のクリスマスにアメリカ人の冷ややかな反応が!?

さて、この日本とアメリカのクリスマス料理の違いですが、ほとんどの日本人は七面鳥の由来も知りません。
そしてアメリカ人は日本の住宅事情も良く把握していません。
実際にアンケートを取った結果があるのですが、アメリカ人の90%以上が「日本人はクリスマスにチキンを食べている」と聞くと、冷ややかに笑うそうです。
ちょっと、悔しい気分もしますね。
今ではご家庭のオーブンでチキンの丸焼きを作る人も増えましたが、代わりに「フライドチキンを食べている」と、更にアメリカ人に笑われます。
日本人のほとんどは「イベント」としてクリスマスを楽しんでいるので、あまり気にしなくても良いですが、外国人とクリスマスの話をするなら、文化の違いも知っていると便利ですよ。

まとめ

「クリスマスにチキンだって良いじゃないか」
ほとんどの方はこう思ったでしょう。
もちろん、チキンの丸焼きでも問題はありません。
アメリカでは七面鳥と言う由来があるだけで、楽しく美味しければ、それが一番良いと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑