小樽のロマネスクイルミネーションはステキなのに惜しい!

公開日:  最終更新日:2015/01/07

ロマネスクイルミネーションは小樽で開催されています。
他のイルミネーションと比較しても情報が遅いのと、イベントに関わる連携が分かりにくいでしょうが、興味のある方もいると思いますのでご紹介しますね。

スポンサードリンク

ロマネスクイルミネーションにはイベント盛りだくさん

ロマネスクイルミネーションは小樽で実施しているものですが、「machi・nabe100選」「街中アート」などのイベントを行いながら長い期間で実施しています。

詳しい情報がまだ出ていないのですが、開催期間は平成25年11月11~平成26年1月13日となっています。
イルミネーションの見られる場所は小樽駅から運河に向かって徒歩15分程度です。
タクシーに乗るほどの距離ではありませんが、少し下り坂に傾斜していて、地元の方でなければ足下の装備が必要です。
浮き玉ツリーは、2月から行われる「小樽雪あかりの路」というお祭りで小樽運河に浮かべられますが、その前は地面の設置で少し地味です。

実際にロマネスクイルミネーションの開催時期に行くなら、小樽運河プラザのワイングラスタワーの方が記念撮影にもインパクトが強いでしょう。
3,000個程度のワイングラスを積み上げて、その高さは3mにもなります。
ガラス製品で作るのが小樽らしいところですね。

本格的なイルミネーションだったらウィングベイ!

小樽駅からJRに乗って1駅で小樽築港駅に行けます。
ここにはウィングベイ小樽というショッピングモールがあります。
本格的なイルミネーションを暖かい場所で見たいと思うなら、こちらの方がオススメです。

ライトアップされた観覧車もあるので、「デートには断然オススメ!」と思うところですが、イルミネーション開催時期には観覧車に乗ることが出来ません。
3万個のイルミネーションが飾られますので、ちょっとした記念に見に行くのは良いと思います。

スポンサードリンク

食事をするところも多いですが、景色もイルミネーションも見ようとするなら、マリーナバーかベイラウンジ、デラスブラッセリーの3つが雰囲気も良い店だと思います。
出来れば予約をしてから行った方が確実です。
この時期に観覧車に乗る事が出来ると、デートスポットには最高になりますが・・・残念です。

天狗山のハート・イルミは寒くて大変だけど価値がある

ロープウェイで天狗山の山頂に行くとハート型のイルミネーションが設置されています。
大きく期待する人もいるでしょうが、中々「地味」です。
白いゲレンデにあるハート型のイルミネーションで、写真撮影には良いと思います。

ただ、山頂展望レストランにはメッセージツリーがあったり、小樽の夜景を見ながら食事の出来るバーカウンターがあります。
25mのカウンターが設置されていて、「一部のカップルしか夜景を見られない・・・」と言う不公平感がないのもオススメでしょう。
「宝石をちりばめた様な」と言われる夜景がロマンチックな気分を盛り上げてくれます。
その後にロープウェイで降りることを除けば、素敵なイルミネーションスポットなのではないでしょうか?

【広告】【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

まとめ

ロマネスクイルミネーションは、素敵なスポットもあるのですが、情報が遅く統一されていないのがもったいないところです。
小樽・海・イルミネーションと盛り上がる要素がたくさんありますので、こちらで組み合わせた方が満足のいくプランが出来ると思います。
ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑