ウィッグを使ったヘアアレンジ術

公開日:  最終更新日:2014/09/25

ウィッグには、フルウィッグ、ハーフウィッグ、ポイントウィッグ、エクステなど、様々な種類があるので、シーンや気分に合わせて色々なヘアアレンジを楽しむことが出来ます。

スポンサードリンク

<フルウィッグを使ったヘアアレンジ>

フルウィッグは、ショートからロングヘア、ロングヘアからショートヘアなど、大胆なイメチェンが思いのままに楽しめます。

頭のてっぺんがポッコリと膨らんでしまうと不自然になってしまうので、髪の毛が長い方は三つ編みをしてからクルクルとお団子状にまとめ、均一の厚みに整えてからウィッグを被るようにしましょう。

どうしても膨らみが気になる場合には、「帽子」を被ることで自然に見せることが出来ます。

<ハーフウィッグを使ったヘアアレンジ>

ハーフウィッグは自分の髪の毛に合わせながら、後ろ髪にボリュームを出したヘアアレンジが楽しめますので、巻き髪などフェミニンなヘアスタイルを目指したい方にオススメです。

スポンサードリンク

ただし、ハーフウィッグは、どうしても地毛との境目が目立ちやすくなるので、「カチューシャ」や「ヘアバンド」を使うことで、自然に可愛いヘアスタイルに仕上げることが出来ます。

<ポイントウィッグを使ったヘアアレンジ>

ポイントウィッグは、髪の毛にボリュームを付けて華やかさを演出したり、部分的にロングにしたヘアアレンジが楽しめます。

少量のウィッグとなりますので、軽い付け心地で初心者でも気軽にトライすることができます。

「ツインテール、ポニーテール、前髪ウィッグ、お団子ウィッグ」など、沢山の種類があり、取り付け部分に地毛を巻きつけてピンで固定すれば、ウィッグである事が目立ちにくく、簡単にウィッグヘアが楽しめます。

エクステのウィッグも、部分的にメッシュカラーとして使ったり、後ろ髪に取り付けてロングヘアにするなど、ワンタッチで簡単に取り付ける事が出来るようになっています。

<まとめ>

いつものファッションに取り入れることはもちろん、クリスマス、ハロウィン、夏祭りなど、特別な日のイベントにウィッグを使って可愛くヘアアレンジしてみて下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑