ウィッグの汚れ、ニオイ気になりませんか?洗っていいんですよ♪

公開日:  最終更新日:2014/09/29

ウィッグは3回使用したら洗髪をするのが理想とされています。
ウィッグを使っていくうちに、汚れやニオイが付いてしまうので、洗髪をしてキレイにしておきましょう。

スポンサードリンク

<ウィッグの洗い方>

①ウィッグを濡らす前に、ブラッシングをして絡みや大きな汚れを取り除きます。髪の毛が絡んだまま濡らしてしまうと、もつれが取れずブラシが通らなくなるので気を付けましょう。

②ぬるま湯、または水洗いをしていきます。
あまり高い温度のお湯は、熱で変形しまうこともあるので30度以下を目安にしましょう。

③シャンプーは通常の商品でも問題ありません。絡みが毛の流れに沿いながら、ポンポンと叩き洗いをするか手ぐしで優しく洗っていきます。シャンプー後はトリートメントをしてあげるとキレイに仕上がります。

スポンサードリンク

④毛髪の根元から毛先に向かってすすぎ洗いをしていきます。髪の毛が絡まないように気を使いながら、すすぎ残しのないように丁寧に洗い流していきましょう。

⑤タオルに包み水分を拭き取ってから、耐熱用ウィッグの場合はドライヤーを使って乾かします。非耐熱用ウィッグは、ドライヤーを使うことが出来ませんので、風通しの良い場所で陰干しをしましょう。

※人工毛の場合、化繊になるので「柔軟剤」を使用してもサラツヤな毛質に戻すことができます。一時間程度つけ置きをしてから洗い流すようにしましょう。ウィッグが乾いてから、仕上げにオイルスプレーを使うと絡みもなくキレイになります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑