ウィッグのかぶり方やアレンジポイントについて

公開日: 

フルウィッグをかぶる時は、ウィッグ専用の「ヘアネット」を使うことで頭に固定され、キレイにかぶることができます。

スポンサードリンク

ウィッグのかぶり方

まず、ウィッグの前にヘアネットを首にかけ、ヘアバンドをする要領でネットを装着していきます。髪の毛が長い方がウィッグを被る場合には、一度ヘアゴムで髪の毛を束ねてからヘアネットをかぶりましょう。

そのまま一箇所に、髪の毛が集中してしまうとウィッグをかぶった時にポコっと盛り上がってしまいますので、頭部全体に髪の毛のボリュームが均一になるよう、円を描くようにクルクルと収納していきます。
なかなか上手くいかない場合は、三つ編みをしてからクルクルと均一にさせていくと収納しやすくなります。

髪の毛をまとめたら、ヘアネットを後頭部で畳み込み、ピンで止めたらウィッグをかぶります。下を向きながら、前髪の方から位置を合わせていくとキレイにかぶれます。

ウィッグの内側には、「アジャスター」というサイズを調整するゴムが付いていますので、ウィッグがきつかったり、緩すぎる場合にはフィットする位置に合わせて固定させましょう。

襟足までしっかりとかぶせたら、ピンを使ってウィッグが動かないように止めていきます。
最後にブラシでウィッグの毛並みを整えれば完成です。

もしも、髪の毛のボリュームが多く、イマイチキレイにフィットしない場合や頭部が盛り上がってしまう場合には、「帽子」を活用させれば自然になります。

ウィッグを自然に見せるためのアレンジポイント

ウィッグを使う上で気になるのは「自然さ」です。
比較的低価格なウィッグの場合、毛量が少なかったり、つむじ部分の細かい加工が施されていない事から、不自然な印象になってしまうことがあります。

ウィッグを自然に見せるためのヘアアレンジのポイントをご紹介しますので、安いウィッグでも可愛く変身できるテクニックを是非参考にしてみて下さい。

<フルウィッグ>

フルウィッグで不自然になりがちなのは、つむじがある頭頂部です。
生え際がペタっとしていたり、ポコッと髪の毛のボリュームで膨らんでしまうと違和感が出てしまうので、「帽子」を使ってカバーしましょう。

帽子をかぶれば自然に見せることが出来るだけではなく、ウィッグが固定されてズレにくく安定した状態でかぶることができるというメリットもあります。

<ハーフウィッグ>

ハーフウィッグは、地毛とウィッグの境目部分で髪の毛の色や質感の差が出やすいため、境目部分に「カチューシャ」または「ヘアバンド」を付ける事で自然になります。

しっかりとカバーできるように、やや幅が太めのデザインを選ぶと境目が目立たず、多少ウィッグと地毛の色が違っても違和感なく使うことができます。

<部分ウィッグ>

ポイント的にウィッグを使う方は、ウィッグを止める位置にシュシュやリボンのヘアアクセサリーを付けると自然です。特に、お団子ヘアーなどには大きめのリボンを付けることで自然に可愛くヘアアレンジすることが出来ます。

スポンサードリンク

便利なウィッグのカラーサンプル活用法

ウィッグの購入は、通販サイトを利用することで激安で購入することが出来ますが、通販サイトのデメリットとして、ウィッグを購入してからイメージしていたカラーと異なるケースがありますよね。

どんなに慎重に購入しても、パソコンの環境下や撮影時の照明によって、実物と商品画像のカラーに差が出てしまうことがあり、色味の違いの差は購入時の失敗例としてよく挙げられます。

フルウィッグの場合、多少の違いがあっても色味を妥協すれば問題なく使うことが出来ますが、ハーフウィッグや部分ウィッグの場合、地毛に合わせてウィッグカラーを選びますので、ちょっとした差でも不自然になりがちです。

そこで、通販サイトのウィッグ専門店では、安心してウィッグを購入できるように「カラーサンプル」を用意しています。

カラーサンプルは無料、または低価格の料金でオーダーすることが出来ますので、購入後の失敗をしたくない方は、まずはサンプルから手に取ってみることをオススメします。

サンプル品で実際の色味をチェックすれば、地毛に合わせた適正なカラーをセレクトすることが可能ですし、ウィッグと同じ毛を使っているサンプル品なら、品質まで確認することが出来ます。

また、サンプルがあれば自分に似合う髪色を探すことが出来ますので、新しい髪色にもチャレンジしやすくなりますので、カラーサンプルを賢く利用して理想的なウィッグを探しましょう。

ウィッグスタイリストとは?

ウィッグを購入してもイマイチ自分で上手くかぶることが出来ない。
または、ウィッグを自分に似合うヘアスタイルにアレンジしたいものの、自分でカットしたり、スタイリングするのが苦手という方はいませんか?

薄毛や脱毛に悩む方達だけでなく、現在はオシャレの一環としてウィッグを楽しむ方が増えています。そこで、ウィッグを気軽にファッションに取り入れることが出来るよう、「ウィッグスタイリスト」というプロのスタイリストがいるのをご存じですか?

芸能人の多くがウィッグを使ったヘアスタイルを楽しんでいますが、とても違和感がなくオシャレですよね。彼女達は専属のプロのスタイリストがいますので、どんなウィッグスタイルでもキレイに自然に見せることができます。

パーティー等の特別な日のヘアアレンジをしっかりキメたい時に、ウィッグが不自然に浮いてしまうのは嫌ですよね?

自分でヘアスタイルを整えることが苦手な方は、かぶり方のコツなどを学ぶことも出来ますので、プロのウィッグスタイリストにお願いしてみてはいかがでしょうか?

ウィッグスタイリストは、通常のヘアスタイリストと同様に、お客さんの希望に合わせてウィッグを使ったヘアスタイルを仕上げてくれます。

日本ファッションウィッグ協会で認定されているウィッグスタイリストがいる美容室・美容院は、東京都内を中心に全国で18店舗です。まだまだ数は少ないのですが、徐々にその需要の高さから店舗数を増やして来ていますので、是非チェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑