コーヒーショップでもう迷わないコーヒー豆の種類やメニューの特徴

公開日: 

コーヒーは、使用する豆や入れ方によって名前が変わります。
喫茶店やコーヒーショップに並ぶ、ドリップコーヒーの定番コーヒーメニューをまとめてみました。

スポンサードリンク

定番のコーヒーメニューの種類と特徴

<ドリップコーヒーの定番メニュー>

●レギュラーコーヒー

レギュラーコーヒーとは、インスタントコーヒーに対して、100%のコーヒー豆を挽いて淹れたものを言います。いわゆる一般的なコーヒーのことです。

●ブレンドコーヒー

複数のコーヒー豆を組み合わせ、コーヒーの美味しさを引き立てるための味や風味のバランスを整えたコーヒーです。「オリジナルコーヒー」とメニューに記載されている場合は、お店が独自にブレンドしたコーヒーとなります。

●ウインナーコーヒー

ウィンナー=ウィーン風のという意味があり、濃いめに淹れたコーヒーにホイップクリームを浮かべたものをウィンナーコーヒーとしています。「エスプレッソコンバンナ、カフェヴィエノワ」と呼ばれる場合もあります。

●フレーバーコーヒー

フレーバーコーヒーは、その名の通りコーヒーに香りづけをしたもので、近年日本でも人気が高まっているドリンクです。
ナッツ、チョコレート、フルーツ、スパイス類などを合わせ、コーヒーに軽いアクセントを付けたものから、デザート感覚のものまで幅広い種類があります。日本では、キャラメルやシナモン等が人気です。

<番外編:フラペチーノとは?>

コーヒーショップが増えてきた頃から、耳にすることが多くなった「フラペチーノ」は、スターバックスコーヒーで販売されている商品名です。
コーヒーにミルク、クリーム、細かく砕いた氷などを合わせた冷たいデザート感覚のドリンクです。フラッペとカプチーノから作った造語となり、自宅でオリジナルのフラペチーノを作り楽しむ方もいます。

<まとめ>

フィルターなどを使って、コーヒー豆にお湯を注ぐドリップ式のコーヒーは、自宅でも気軽に楽しめるコーヒーメニューです。市販のコーヒー豆をブレンドしたり、好みのフレーバーをプラスすれば、自分だけのオリジナルメニューが味わえます。

覚えておきたいコーヒーメニューの種類

気軽に本格的なコーヒーの味が楽しめるコーヒーショップや喫茶店が増えてきましたが、ズラリと並んだコーヒーメニューの表示に戸惑った事はありませんか?
今更聞けない?!覚えておきたいコーヒーメニューの種類についてまとめてみました。

<人気のコーヒーメニューの種類と特徴>

●エスプレッソ

深煎りのコーヒー豆を使用し、圧力をかけて短時間で抽出されるため旨みやコクが凝縮されたコーヒーです。デミタスコーヒーとも呼ばれ、通常のコーヒーカップの半分の大きさで提供されることもあります。

●カフェマキアート

1ショットのエスプレッソに少量のフォームドミルクを注いだもので、マキアートとは”染みのついた”という意味があります。リーフやハートをモチーフに描かれるラテアートは、見た目の可愛らしさから女性に人気があります。

●カフェラテ

スポンサードリンク

エスプレッソコーヒーに牛乳を加えたカフェラテは、濃厚なコクとミルクのまろやかさが堪能できます。ラテ=ミルクという意味があり、豆乳ラテや抹茶ラテはコーヒーの代わりに豆乳や抹茶をベースとしているため、ヘルシーなドリンクです。

●カプチーノ

カフェオレやカフェラテと混同しやすいカプチーノは、エスプレッソコーヒーにクリーム状に泡立てられた牛乳を合わせたもので、コーヒーの表面にフワフワの白い泡が乗っています。口当たりがなめらかで、飲み口の良さが特徴です。

●カフェモカ

もともとはチョコレートの原料であるカカオの味がするモカコーヒーとしていましたが、現在はチョコレートやミルクを混ぜ合わせた甘いドリンクである事がほとんどです。
ココアやホイップクリームを使うこともあり、デザート感覚であることが特徴です。

<まとめ>

キャラメル味やシナモン味でトッピングされたものなど、基本的なコーヒーメニューをベースとしたオリジナルドリンクのメニューを提供する店舗が多いので、まずはベーシックなタイプから飲んでみると味の違いがわかりやすいですよ。

代表的なコーヒー豆の種類と特徴

コーヒーは世界約70カ国で生産され、コーヒー豆の種類は200種を超えています。
代表的なコーヒー豆の種類をまとめてみました。

<コーヒー豆の産地について>

コーヒーの木が育つには、限られた気象条件が必要なことから、ほとんどのコーヒー豆は北回帰線(北緯25度)と南回帰線(南緯25度)の間で生産されています。
地図上で産地をチェックすると帯状に並ぶことから、”コーヒーベルト”と呼んでいます。

コーヒーは、産地によって香り、酸味、甘味、風味が異なります。
ストレートだけではなく、好みの味に近づけるために複数の豆を組み合わせたブレンドで飲む楽しみも、コーヒーの大きな魅力の一つです。

<代表的なコーヒー豆の種類と特徴>

●ブラジル・・・適度な酸味と苦味がありバランスが良くクセがありません。

●コロンビア・・・甘い香りとまろやかな酸味でマイルドコーヒーの代表です。

●キリマンジャロ・・・強い酸味と甘みがあり豊かなコクが特徴です。

●モカ・・・強い香りとまろやかな酸味、コクも楽しめます。

●ブルーマウンテン・・・甘味、酸味、香りのバランスに優れています。

●ハワイコナ・・・強い酸味と甘い香りが特徴です。

●マンデリン・・・強い苦みと濃厚なコクがあります。

●グァアテマラ・・・強めの酸味と芳醇な香りが特徴です。

●ケニア・・・強い酸味とスッキリとした後味が特徴です。

●ブラジルサントス・・・香りが高く適度な酸味と苦味があります。

●ベネズエラ・・・軽い酸味と独特の苦みがあります。

●メキシコ・・・酸味と香りが適度にあり上品な味わいです。

●クリスタルマウンテン・・・適度な酸味と苦みがありスッキリとした味わいです。

●ロブスタ・・・強い苦みと独特の香りがあります。

●ペルー・・・柔らかな香りとまろやかな酸味があり余韻がしっかりと残ります。

<まとめ>

コーヒー専門店では、上記の豆を取り扱っているお店が多いので、色々なコーヒーを味わって自分好みのコーヒー豆を見つけましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑