引越しの見積もりを安くするには!活用テクニック公開

公開日: 

引越し
引越しをするときは他にも費用がかさむので引越し料金を安くしたいと思うのではないでしょうか?
作業の質が高くても評判が良くても、有り余るほどお金があるわけではないので出来るだけ安い見積もりを出す引越し業者を探していると思います。
少しでも引越しの見積もりを安くするには、こちらもテクニックを使う必要があるのでご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

社会人なら使える!引越しの見積もりを安くするテクニック

社会人は会社の都合で転勤があり引越しをしなくてはいけないときが出てくるでしょう。
少なくなりましたが会社都合のため引越し費用の負担をしている企業もあります。全額支給ではなくても一部負担をしているケースが残っていますので、これを見積もりで活用しましょう。

引越し業者が来たときに見積書を持参すると思います。
そのときに、「この値段だと会社が負担してくれないかも」「会社では高いって言われそうだなぁ」など、自分負担ではなく会社持ちの引越しだと臭わせてみましょう。
引越し業者も会社で費用を負担する引越しでは、見積もりの値段を安くするとか、そういったサービスもしてくれるので便利なテクニックです。

結婚している人なら使える!引越しの見積もりを安くするテクニック

結婚している人、もしくはパートナーがいる場合に使えるテクニックをご紹介します。

見積もりを持参した業者は、目の前にいるお客さんに対してならセールストークで説得する自身を持っています。
しかし、もし決定権がその場にいないパートナーにあるとしたらどうでしょう?セールストークは通用しませんし、冷静に見積書の数字だけで判断するだろうなと思うでしょう。
そのため引越しの見積もりを安くするには、決定権は自分にはないことをアピールするのも良い方法です。
本当に存在しなくても「ちょっと高いって言われたんですよね」と値引き交渉したり、お断りするときにもこの言い方が使えますのでシミュレーションしてみて下さい。

スポンサードリンク

初めの一言が重要!引越しの見積もりを安くするテクニック

見積もりを持参した業者と真っ向勝負のテクニックもご紹介します。
引越しの見積もりを見た瞬間に「こんなに高いの?」とか「えっ!あ~…」といって、業者の反応を見て下さい。

引越し業者では「ぜひウチで!」という気持ちで見積金額を出しているのですが、初めからその値段を否定する方法です。性格が優しい人は、こういうことが苦手かもしれませんね。

見積もりを見た直後の一言プラス厳しい表情や首をかしげて悩んでいる雰囲気を作ると、引越し業者としても「この見積金額じゃダメか…」と思うこともあります。
その段階で値引き交渉などをしてもいいですね。

また、他の引越し業者の見積書が手元にあれば、「他のところはこのくらい安い」と比較の参考に見せる方法もありますよ。

おわりに

引越しの見積もりを安くするには色々なテクニックを活用して値段の交渉をしましょう。
業者は良心的な価格設定のところと、あからさまに値段が高いものなどにわかれると思います。初めての引越しの人には分かりにくいかもしれませんが、見積書にも相手の意図が隠れていると考えて良いでしょう。
何のつもりでこんなに高いの?と考えて先手を打つ交渉もオススメです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑