発汗トレーニングで夏バテしない体作り、汗染み防止の裏技もご紹介

公開日: 

夏バテや熱中症など暑い時期には体調不良が起こりやすくなっています。

汗をかくのがイヤだと考える人も多いですが、汗が出ないのは実は危険なのかもしれません。

汗が出やすい体作りを今から始めてみませんか?

スポンサードリンク

発汗トレーニング?汗なんか出ない方がいいでしょ汗染みもイヤだし

私たちの体には無駄な機能は備わっていません。

「服に汗染みを作ったりメイクを崩す汗なんかない方がいい」と思ってしまいますが汗が出ないのも問題なのです。

また汗には良いものと悪いものがありますので、どんな汗が出ているのかで健康状態までわかるようになっています。

良い汗というのはサラサラしているので蒸発しやすいです。

汗の粒は小さくて雑菌が繁殖しにくいのであまりニオイが気になりません。

一方、悪い汗というのはべたべたとして粒も大きくなっています。ミネラル分を含んでいるので雑菌が繁殖しやすくニオイが気になってしまいます。

よく岩盤浴などで「終わった後に汗を流さなくて良いですよ」といわれるのは良い汗をかいているからです。

汗をかいていると熱中症になりにくい感じがしますが、悪い汗は塩分などのミネラルも体の外に出してしまうので、この場合は汗をかいても熱中症になる恐れがあります。

汗をかきにくい人は汗腺という汗の出てくる場所に詰まりが出ることもあって、ニオイが強く感じられることもありますよ。

発汗トレーニングどうやると汗は出やすくなるの?

冬から春・夏に変わることに体には変化がでますが、汗を出しやすい体にしておくのに発汗トレーニングが利用できます。

汗を良くかくことで汗腺も詰まりがなくキレイなので、夏に汗臭い(雑菌などによる)悩みを開所できるのではないでしょうか?

次の手順でお風呂には行ってトレーニングしましょう。

スポンサードリンク

(1)バスタブに40度程度のお湯を張ります。
(2)バスタブに浸かって10分待ちましょう。
(3)次に5分間はバスタブから出ています。この間に体を洗ったりします。
(4)またバスタブに10分浸かりましょう。
(5)5分間バスタブから出て休憩する時間です。
(6)バスタブに10分浸かってバスルームから出たら200mlの水を飲むだけです。

体に温熱差を感じさせることで、汗腺を目覚めさせながら汗をかきやすい体を作っていきます。

のぼせないように注意して入って下さいね。

汗をかいても汗染みしない裏技とは!

汗をかくことで暑いシーズンの健康管理には良いのですが、服にできる汗染みなどが気になるのではないでしょうか?

そこでオススメの方法をご紹介します。

ほとんどの方が肌にスプレーする方法で制汗剤を使っているのではないでしょうか?この方法ではせっかくトレーニングした汗腺にフタをするようなものです。

そこで服に染みなければいいという発想に変えてみましょう。

市販品の撥水スプレーがありますので、服の内側から撥水処理しておきます。

良く乾燥させてから着ると汗が染みるのも気にならなくなるでしょう。

洗濯をするだけで落とせるタイプの撥水スプレーがあれば、汗パットも制汗剤も必要なくなりますね。

ニオイが気になるという方は制汗パウダーの入っていない除菌ウエットティッシュを持ち歩き、トイレに行ったときなど小まめに拭き取っておけば安心です。

まとめ

ご紹介したように発汗トレーニングをすると体調を崩すことがないように体温コントロールができるようになります。

また、汗をかいても気にしなくていいファッションの対策もありますので、活用しながら快適な夏を過ごしてみてはいかがでしょうか?

しっかり汗をかくというのは体本来の機能に問題がない証拠なので、体調をチェックする目安にもなりますよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑