引越しの見積もりに不要品の処分や回収もするシニア向けがある?

公開日: 

引越し
引越しは荷物が多ければ多いほど、料金が高くなってしまいます。
シニアの引越しなどで処分しても構わない不要品があれば、回収も合わせてしてくれる業者のほうが安上がりになるので利用を検討してみてはいかがでしょうか?
不要品処分・回収で提携しているリサイクルショップがある引越し業者には、こんなメリットもあるんですよ。

不要品の処分・回収のタイミング

引越しの時は不要品まで運んで引越しの見積金額を高くすることはありません。
ちょうど良い機会だから買い換えようと考える人もいるでしょうから、引越しの時に処分して、新居周辺の家具店などで新しいものを買えば、ムダな費用をかけずに処分できますね。
最近は引越し業者で運営しているリサイクルショップや提携しているリサイクルなどもありますので、不要品の処分はスムーズにできます。
大まかなながれですが、リサイクルショップに電話をして持ち込み買い取りか出張買い取りのいずれかで依頼します。
持ち込みならお店で査定・買い取り・支払いまで完了します。出張買い取りなら訪問の日時を決め査定をします。後日、買い取りと支払いが済んだら完了ですね。

見積もりの時に確認しておけばシニアも安心の引越しができる

シニアが引っ越しするときは、ウッカリ忘れ物をする人が少しだけ多くなるのではないでしょうか?
そこで、業者が見積もりに来たときに、事前の話し合いをしっかりしておくと、業者のサポートを受けながらスムーズな引越しができるでしょう。
シニア向けのコースを用意している引越し業者では、片付けなどの専門スタッフがいたり、サービスが充実しているのも特徴です。
不要品を処分・回収することまで依頼しても、身内のように勝手に処分することがないのも安心でできる理由でしょう。

スポンサードリンク

シニアの引越しでトラブルになる不要品の処分

シニアの引越しの見積もりをとるときに、その子どもが立ち会ったり手伝ったりすることはよくあります。
ここでよく起こるトラブルが「親と子どもの不要品に対する考え」が違うところです。子どもにとっては『ガラクタ』に見えても親にとっては『大切な思い出の品』ということがよくあります。
大切なものなのに勝手に処分されてしまったとか、処分して欲しくないけど子どもの言うことは聞いておかなければと遠慮してしまうシニアもいますね。
シニアの引越しでは不要品のリストアップは本人に任せ、周囲では「不要品」だと思っても、口を挟まないのも心遣いだと思います。

引越しが多いなら家具の買換も業者提携のリサイクルショップが便利

引越し業者で運営したり提携しているリサイクルショップは、いろいろなエリアに点在しているので、中古品家具を購入するのにも便利です。
引越しが多い人は、新品を購入しても引越しがあるたびにその家具を運んでいかなくてはいけません。
しかし、中古品を使っていると、その家具も引越し前に処分して引っ越し先では他のものに買い換えるということができます。この方法なら引越しは身軽になって、見積もりの料金はいつも抑えられると思いませんか?
不要品まで引越しごとに連れ歩くのでは費用が加算で負担になると思います。
ただゴミとして捨ててくるのは気が向かないかも知れませんが、リサイクルなら他の人が大事に使っているかもしれないと思う分だけ気楽に処分できるでしょう。

おわりに

シニアなどの引越し見積もりの時に不要品の処分や回収まで検討することをご紹介しました。
大切なものは処分できないと思いますので、買換のできるものなど不要品を処分することで引越し見積もりが安くなると考えられます。
いらない荷物にまで搬送料をかけるのは、もったいないことなので、引越しの際には不要品の処分についても考えてみて下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑