厄年を迎えるのはそんなの怖いこと?不安にならなくて良い理由

公開日: 

厄年には大変な思いをしたと言う人がたくさんいると、これから厄年を迎える人は怖くなってしまうでしょう。

もしかすると大変な思いをした人たちの中には過ごし方を考えるだけで避けられた問題があったのかもしれません。
厄年を怖がらなくて良い方法も考えてみましょう。

スポンサードリンク

厄年は精神的にもチェンジの年齢

厄年は昔から社会的地位や環境の変化、そして体の変化が起こる年齢が設定されています。

恐らくかなり昔からも「厄年なんて関係ない」と何も考えずにトラブルに遭っていた人たちが存在していたのではないでしょうか?

厄災と言うのが何を指すのか、どう注意していいのかも分かりにくいことが理由なのだと思います。

「今までは若さに任せて出来ていたことが、少しずつ苦手になりますよ」と教えてくれるサインでもありますので、自分にもっと目を向けていくことが大切ですね。

前厄・後厄まで含めて3年間あるのは、1年間で何もかもが変わるのではなく徐々に変化が出る猶予期間としても必要なものなのです。

体調の変化に気が付くと早期発見早期完治もOK

10代や20代の厄年で体に大きな変化が出ることはないでしょうが、それ以降の場合、忙しい毎日で気が付かない体調の変化があるものです。

この程度は何ともないと思わないで、健康診断など体のチェックをしてみましょう。
この気付きを与えてくれるのが厄年なのです。

スポンサードリンク

何の病気でも同じですが、その状態に至るまでにかかった期間の3倍が治療に必要な期間だと言われています。
ご自分の変化をせっかくの機会に総点検して、その後の人生が過ごしやすいようにしてみませんか?

精神的なトラブルにも気が付きにくいので

私たちは体の変化にも疎いのですが、精神的な変化にも中々気が付きませんね。
精神的な変化が出て何かの病気だと気が付くときには、かなり進行した状態になっているものです。

また、内臓の疾患の様に明確な治療が難しいので、心が揺らぐ年齢だと自覚して、何かつらいことはないのか自問自答してみましょう。

厄年と言うだけで「きっと何か悪いことが起こって…」と悩む人もいますが、厄年は嫌なことが起こる年と言う意味ではありません。

今まで自分の変化を意識しないでツライ思いをした人が、割と多いですよと言う注意の年だと言うだけですよ。

チャンスにするかピンチにするかは、実はご自分の考え方次第なのかも知れません。

まとめ

厄年は誰もが不幸になる年ではありません。

注意深く過ごしていると、これからの自分との付き合い方がわかるようになったと言う節目なのです。
いつまでも気持ちが若いのは誰もが同じですが、体がついてこないようにしてはいけませんと教えてくれる目安に出来ますね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑