引越しの見積もりと部屋の掃除の深い関係

公開日: 

引越しの見積もりと部屋の掃除の深い関係
引越しの見積もりを取るときに、チェックしたいのが掃除です。
訪問見積もりの際に自分の部屋の中を掃除しておくことも大事ですし、引越し当日に業者がしてくれる掃除についても料金の確認は必要でしょう。
そこで、引越し見積もりと掃除の関係について詳しくご紹介していきます。
特に見積もりの際の掃除は、費用を左右しますので知っていた方がお得です。

スポンサードリンク

引越しの見積もりで訪問を受けるなら掃除をするべき!

引越しの訪問見積もりを依頼することがあると思います。
そのときにきちんと部屋の掃除をしているかどうかで、見積金額が変わることをご存じでしょうか?
部屋の中が片付いていなくてゴミだらけになっていたとしましょう。そういうときに出る見積金額はかなり高額だと思って下さい。それは、引越し業者の「やりたくない」という意思表示でもあります。
部屋が片付けられない人だと、引越し当日に荷物をまとめるとか不要品の処分をするなどの手配は出来ないでしょうし、片付かない結果としていらない荷物まで搬送の希望する人もいます。計画的な引越しが難しいと業者では判断するでしょう。
ビックリするような金額を提示されたときは、掃除をしてから見積もりを取り直したほうが良いでしょう。

見積金額が狂わないために掃除をするべき!

訪問見積もりで引越しの概算を出すときは、できるだけ全部の荷物を見てもらったほうが良いですね。
友達が遊びに来る程度なら、余計なものをクローゼットなどに隠してごまかすこともできますが、引越しの訪問見積もりではそういうわけにはいきません。
この荷物を運ぶという説明など、部屋には隠し場所がない状態になりますので、引越しの見積もりが来る日には部屋を片付けましょう。
ある程度まとまっていることで見積金額も出しやすく、その額も正確な値段に近くなります。
引越し当日になってから、大型の荷物の追加を依頼すると追加料金が発生しても仕方がないですね。また、荷積みのトラックがギリギリの大きさだと、後から追加する荷物を運べない場合もあるので注意して下さい。
運ぶもの全体の量を説明できて、どこに何があるのかがわかりやすくなっているだけで十分です。
部屋が全く片付かない状態なら、何社の見積もりを受けても納得できる金額は提示されないと思って良いでしょう。

スポンサードリンク

女性の引越しなら見積もりも女性スタッフがいい?

引越しの訪問見積もりでは、ある程度の荷物が把握できるように、場合によってはタンスの引出も見せることがあります。
下着・インナーの入った引出をわざわざ開けることはないでしょうが、気になる女性は引越しの見積もりスタッフも女性にお願いすることができます。
女性ならではの視点でアドバイスしてくれたり、引越しが初めての時でも安心の対応をしてくれる業者があります。
単身女性で始めて引越しをするときは、女性スタッフに対応してもらいましょう。

引越し当日の掃除についても見積もりに記載される?

引越し業者の中には、時間を区切って「何でもお手伝いします」というサービスを提供しているところがあります。多くは無料でサービスしていますが、追加オプションなら有料である可能性があります。
内容は掃除だったり、ゴミ出しだったり様々ですね。
引っ越すから今まで住んでいた部屋なんか汚くていいと考える人もいるでしょうが、最低限の掃除をしてお返しするのが大人の常識ではないでしょうか?
引越し前に管理会社や大家さんと、原状復帰の話し合いは終わっていると思いますが、酷く汚れた状態で賃貸の部屋を返すとさらに費用請求がある場合も考えられます。
あくまでも借りていた部屋で自分のものではないと理解して、キレイにして戻すことを意識しましょう。

おわりに

引越しの見積もりと騒人男関係についてご紹介しました。
自分だけでなく引越し業者や大家さん・管理会社など、引越しの際にかかわる人も多いのですが、共通していえるのは掃除をしている人は信頼を受けやすく、ムダな費用の請求をされることは少ないという考え方でしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑