ぱっくり割れを防ぐための毎日のスキンケア方法

公開日: 

ぱっくり割れ防止

ヒリヒリとした痛みとはサヨナラ!
ぱっくり割れの炎症で悩まされないためには、毎日のスキンケアが大切です。
乾燥がヒドくなる冬の時期は、肌荒れが進行しやすいため、いつもより念入りにケアしましょう。ぱっくり割れを改善・予防するための基本的なスキンケア方法をご紹介します。
スポンサードリンク

保湿ケアをしっかりと行う

ぱっくり割れの対策には、「保湿」が非常に大切になりますので、乾燥から肌を守りましょう。さまざまな保湿剤がありますが、カサカサと乾燥が気になる程度の軽い状態なら、保湿化粧品で潤いを与えてください。すでにぱっくり割れが出来ている方は、余分な成分が入っていない「ワセリン」や「ユースキン」が有効です。

水仕事をしなければいけない方は、手袋をする習慣を身につけてください。
ただし、ゴム製の手袋はラテックスアレルギーで、肌荒れを強めてしまう事もありますので、綿手袋をしてからゴム手袋をし、肌に直接ゴムが触れないように気を付けましょう。使い捨ての医療用ナイロン手袋もおすすめです。

スポンサードリンク

血行を促進させる

手足の末端は冷えやすく、冷え性の方は血流が滞り代謝が悪くなります。
代謝が悪くなると角質層が厚くなり、新しい皮膚への生まれ変わりがうまくいかず、肌荒れが治りにくくなります。

そのため、マッサージなどで血行を促進させるように心がけましょう。そして、体を冷やさないように気を付けてください。睡眠中は、成長ホルモンが分泌して肌の細胞が活発になるので、保湿ケアをしてから手袋、靴下を活用させて温めると炎症のケアに効果的です。

バランスの良い食事

ぱっくり割れを少しでも早く治したい、出来にくい体質にしたいという方は、毎日の食事にも気を配りましょう。血行を促進する「ビタミンE」を含んだ食材や肌の修復を促進する「ビタミンA」など、栄養がたっぷりと含まれたバランスの良い食事はぱっくり割れの改善・予防に効果をもたらします。

食事で体の内側からケアする事は、乾燥が進みバリア機能が低下している肌にも負担をかける事がありません。食事改善が難しい方は、不足しがちな栄養素をサプリ等で補うのもおすすめです。

1度ぱっくり割れを引き起こしてしまった肌の改善は、修復に数か月という時間が必要な事もあります。根気良くケアを続けて治していく事が大切なので、無理なく毎日続けることができるスキンケアを習慣付けましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑