手足のぱっくり割れの治療・改善方法

公開日: 

手足のぱっくり割れ

ぱっくり割れとは、「ひび、あかぎれ」と呼ばれる皮膚の炎症です。
乾燥が進み、肌が乾燥状態となると角質層の油分と水分が失われ、肌の表面の溝に沿って亀裂が生じるようになります。

こうした状態を「ひび」と言います。ひびが悪化し、真皮層まで深くダメージを受けた状態を「あかぎれ」と言い、痛みや出血を伴うようになり、見た目にも痛々しくなります。あかぎれになると治りにくいため、できるだけ早い段階で治すようにケアしましょう。

スポンサードリンク

ぱっくり割れの原因と治療・改善方法

ぱっくり割れが起きる理由は、「乾燥」と「血行不良」が主な原因です。
冬の時期は、空気が乾燥しているため、肌の乾燥が進みやすくなります。また、気温が下がり体が冷えると、血行不良を引き起こして肌の細胞に栄養が行き届きにくくなります。

【指・手荒れ】

指や手にぱっくり割れが出来やすい方は、水仕事をする機会が多い方です。
水仕事によって乾燥が進み、バリア機能が低下してしまった肌は手荒れが進み、ぱっくり割れへと悪化してしまいがちです。

スポンサードリンク

指・手荒れのぱっくり割れは、傷口から炎症が悪化しやすいので、水仕事をする際は手袋をして症状を悪化させないように気を付けましょう。ワセリンやステロイド剤を使って、肌の保護をしながら乾燥を防ぎ、手荒れの改善を目指していきます。

傷口が傷む時は、一時的に「絆創膏」で保護するのも有効ですが、貼りっぱなしにすると皮膚がふやけて剥がれ落ち、症状が悪化することもあるので注意しましょう。

【足・かかと】

足・かかとにぱっくり割れ出来やすい方は、冷え性気味の方です。
体が冷えると血流が悪くなりますが、心臓から離れた足の末端部分は、特に冷えやすく代謝不良により乾燥が進行します。乾燥を放置しておくと、ぱっくり割れへと症状が進みやすくなりますので、症状が軽いうちに保湿を心がけましょう。

足・かかとのぱっくり割れの改善には、”不要な角質を除去”し、保湿成分が浸透しやすい肌環境にしてあげる事が大切です。そして、血行を促進させるためのマッサージや入浴を心がけ、傷口から雑菌が侵入しないようにワセリン等のクリームを塗布して、肌を護ようにします。

さいごに

ぱっくり割れの改善には、手・足どちらの場合にも「保湿&血行促進」がポイントになります。セルフケアでも改善が難しい方は、皮膚科に相談して塗り薬を処方してもらいましょう。病院で処方する薬は、市販の商品より効き目が強いので、ヒドイぱっくり割れの改善に効果的です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑