アスファルトの照り返しによる日焼けを防止する方法とは?

公開日: 

直接陽射しを浴びている訳ではないのに日焼けしてしまった・・・。

こんな経験はありませんか?

紫外線が強くなる季節には、アスファルトの照り返しによる日焼けにも注意しなければなりません。

紫外線の性質を知り、正しく日焼けを予防しましょう。

スポンサードリンク

アスファルトの照り返し散乱光に要注意!

屋外では、上空から地上へと紫外線が降り注いでいます。
日傘や帽子は、こうした上空からの紫外線予防に効果的なグッズなのですが、地面からの反射はカバーすることが出来ません。

アスファルトの反射率は、草や土の地面と同じく10%程度です。しかし、ビルなどの建物などにぶつかることで出来る「散乱光」は、なんと60%とも言われています。
そのため、日傘や帽子だけで紫外線から肌を守ることが難しいため、うっかり日焼けを防ぎたい方は、その他のUVケアグッズを使うようにしましょう。

紫外線から肌を守るためのUVケアグッズ

紫外線から肌を守るためのUVケアグッズは、日傘や帽子の他にも、手袋やカーディガンなどを使うのが有効です。

スポンサードリンク

現在、幅広いデザインのバリエーションが増えていますが、出来るだけ「UV加工」と書かれた商品を選ぶようにしましょう。

UV加工商品には、生地にUVカット素材が使用されていたり、コーティングで表面加工が施されているため、通常の商品と比べて紫外線のカット率が高まります。

日焼け止めの選び方

気温が高い日は、衣類での紫外線予防が厳しいこともありますよね。
涼しく快適に日焼けを予防するためには、やはり「日焼け止め」を使うのがベストです。

日焼け止めを選ぶ上でチェックしておきたい「SPF・PA」ですが、SPF(サンプロテクションファクター)は、皮膚ガンの原因にもなる紫外線B派をカットする力を示しています。

そして、PA(プロテクショングレイドオブUVA)は、シミやたるみの原因となる紫外線A派をカットする力を示しています。

数値が高いと肌負担が大きくなりますので、買い物などで外出する程度ならSPF20など低めの日焼け止めでも問題ありません。

まとめ

日焼けは肌の老化も促進させてしまいますので、上手に紫外線を予防して、シミ・たるみのないエイジレスな肌を目指してくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑