梅雨の時期のくせ毛の直し方とくせ毛が気にならない髪型

公開日: 

梅雨の時期になると髪の毛がバサバサと広がったり、くせ毛に悩まされる方も多いですよね。ジメジメとした季節にヘアスタイルが決まらければ、気分まで落ち込んでしまいます。

湿気の多い季節に悩まされがちな、くせ毛を解消するための方法をご紹介しますね。

スポンサードリンク

湿度の季節にくせ毛がひどくなる原因

くせ毛の方は、髪の毛がウネウネと歪んでいることから、キューティクルが剥がれやすく、髪の毛に含まれる水分量が少ないと言われています。

水分量が少ない髪の毛は、乾燥した状態となり外部からの刺激を受けやすくなり、ダメージヘアを引き起こします。ダメージを受けた髪の毛は、大気中の水分を含みやすいという特徴を持っていますので、くせ毛の方は湿度が高くなる梅雨の時期に、髪の毛がまとまりにくくなってしまうという悪循環が生まれてしまいます。

髪の毛の保湿ケアの方法

くせ毛の方は、髪の毛が乾燥していますので、「保湿ケア」で髪の毛に潤いを与えることが大切です。髪の毛に含まれる水分量のバランスを整えることで、ダメージに強い髪質となり、くせ毛を抑えることへと繋がります。

スポンサードリンク

髪の毛の保湿ケアは、美容室でトリートメントケアを施してもらうのもオススメですが、自宅でセルフケアする時には、植物オイルを使用したトリートメントが効果的です。

洗髪後にタオルドライをし、オイルを髪の毛に馴染ませてからドライヤーをかけることで、過剰な水分の蒸発を防ぐことができます。

梅雨の時期でもくせ毛が気にならない髪型

保湿ケアをしても梅雨の時期には髪の毛がどうにもならない!というくせ毛が強い方は、「ショートヘア」にするのがおすすめです。

ショートヘアのアレンジでは、”くせ毛風”に仕上げることが人気です。
通常はパーマをかけてうねりを出すスタイルですが、くせ毛の方は地毛を活かすことができます。コンプレックスだったくせ毛をオシャレなヘアに見せることで、自然と自信も湧いてきます。

まとめ

湿度が高い時期のくせ毛は、髪の毛を水で濡らしたからといって解消することは出来ません。一時的にボリュームを抑えることは可能ですが、根本的に改善するなら保湿ケアを行ったり、くせ毛を活かしたヘアスタイルでイメチェンしてみましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑