カフェオレとカフェラテの違いとは?

公開日: 

カフェオレとカフェラテって一体何が違うの?と疑問を抱いている方も多いですよね。
一見するとよく似た飲み物ですが、実は単純に呼び方が違うだけではありません。
カフェオレとカフェラテの違いについてまとめてみました。

スポンサードリンク

<カフェオレとカフェラテの違いについて>

カフェオレはフランス語で、コーヒーに牛乳を混ぜたものを意味します。
一方カフェラテはイタリア語で、ラテ=牛乳という意味があり、どちらもコーヒーに牛乳を混ぜた飲み物です。

つまり、日本ではコーヒー牛乳が同じ種類となりますが、最も大きく異なる点は抽出の違いです。

カフェオレは、フィルターなどにコーヒー豆とお湯を入れて濾す「ドリップ方式」のコーヒーを使用します。そして、カフェラテでは「エスプレッソ方式」により、高い圧力をかけて短時間でコーヒーを抽出します。

エスプレッソコーヒーでは、基本的にドリップと比べて深煎りの豆を使うこともあり、深い濃厚なコクが味わえます。そのため、ミルクを入れてもコーヒーの香りや旨みを感じることができ、コーヒー好きの方達から人気があります。

スポンサードリンク

<カフェオレとカフェラテのミルクの量について>

一般的に、カフェオレのミルクの量は、コーヒー50%、ミルク50%で、エスプレッソがコーヒー20%、ミルク80%と、意外にもカフェラテの方がミルクの割合が高めです。
ミルクを多めにした方が苦味を抑えることができ、濃厚なエスプレッソコーヒーが飲みやすくなります。

ただし、お店によってミルクの割合が異なることが多いので、好みの味に差が出てくることがあります。自宅でカフェオレやカフェラテを作る時にも、あまりミルクの量にこだわらず、自分好みの分量で配合して楽しみましょう。

<まとめ>

コーヒーに牛乳を混ぜるカフェオレとカフェラテとは違い、コーヒー牛乳は牛乳にコーヒーの味付けをした飲み物となります。いずれもコーヒーと牛乳という材料の共通点がありますが、味の違いに気を付けながら飲んでみると異なる味の差が堪能出来ますよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑