引っ越しをするときに業者への心付けって必要なの?

公開日: 

引越しをする時は業者に依頼して荷物の搬入をしますが、この時には何か心付けが必要なのでしょうか?

日本人の美徳でもある心付けの効果についてもご紹介しますね。

スポンサードリンク

そもそも心付けというのは何なのか?

日本には心付けという文化があります。これは配慮することや気をつける意味でもありますが、人が何かしてくれたときに感謝を表す品物やお金を渡すことも意味しています。

外国ではレストランでもスタッフにチップを渡しますが、それと同じ感覚ですね。

入院した経験がある方はご存じかも知れませんが、退院するときにお世話になった看護師に菓子折をお礼として渡してくる風習がありました。

今は、「心付けはご遠慮します」と貼り紙までしている病院がありますが、これは「心付けによって病院の対応が違う」と思われないために受け取っていないことを明記しているそうです。

引越し業者に渡す心付けはお金なの?

一般的に心付けというとお金を表すことが多いですね。中にはお金では失礼になる場合もあり、他の品物に置き換える事もあります。

引越し業者への心付けは、作業の後に飲むことが出来るペットボトル飲料でも構いませんし、少し余裕があれば現金で包むのがオススメです。

「してくれたことのお礼」でもありますが、先に渡しておくことで引越し作業が丁寧になる場合もあるからです。

スポンサードリンク

仕事ですから家具や壁に傷がつかない様にするのは当たり前でしょう。

しかし、荷物が多いとか搬入が難しいなどの条件があれば、必要以上に気を配ってもらわなくては困りますね。

そこで先に心付けを渡して「お願いしますね」と一言添えることで、引越し業者のスタッフも気持ちよく仕事をしてくれるのです。

スマートな心付けの渡し方をマスターしよう

引越し業者に心付けを渡すにも、そのまま現金を手渡すのはスマートではありません。いかにも「お金で言う事を聞かせよう」と言う雰囲気がにじみ出ていて失礼です。

そこで、お年玉に使うポチ袋やちょっと素敵な小さな封筒に入れて渡す様にして下さい。

中にメッセージとして入れるか、渡すときに「気持ちですが」と言葉を添えることで、マナーの分かる大人という印象になり好感が持たれます。

この方が心付けの効果が高くなると言って良いでしょう。

直ぐに用意できない場合がありますのでお財布に心付け用の封筒を2枚くらい持っていると、スマートな振る舞いが出来ますよ。

まとめ

心付けは配慮として行いますので、絶対にしなくてはいけないことではありません。

ただ、その時の作業や人間関係を円滑にすることが出来る小さなテクニックにもなりますので、便利に活用してみてはいかがでしょうか?

お金を払ってお願いしていても、「人がしてくれることに当たり前はない」と考えられることで、心の余裕を持つことが出来ます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑