自律神経の乱れを整えるヨガの効果について

公開日: 

健康効果が高いヨガには、自律神経の乱れを整える働きがあります。
自律神経の乱れは、精神的、身体的なストレスや不規則な生活、更年期障害などさまざまですが、深刻化すれば頭痛、肩こり、動悸、不整脈、不眠、うつ等の症状を引き起こします。

スポンサードリンク

<ヨガが自律神経の乱れに効果的な理由>

ヨガは、息を深く吸い込んで吐き出す「腹式呼吸」を行います。
緊張をしたときに深呼吸をすると、少し気持ちが落ち着きますよね?
その原理と同じで、ヨガで腹式呼吸を繰り返すことにより、リラックス、精神安定の効果を得ることができるのです。

また、ヨガは有酸素運動になりますので、副交感神経が活発に働きます。自律神経の乱れは、副交感神経の働きが弱くなっていますので、体力に自信がなくウォーキングやジョギングが苦手な方でも、ヨガなら効率良く働きかけることができます。

<自律神経・うつに効果的なヨガの方法>

朝は、副交感神経と交感神経が切り替わる時間です。
そのため、早朝に行う「朝ヨガ」は、自律神経の乱れやうつの症状改善に効果があります。

スポンサードリンク

朝の光を浴びることで、体内時計がリセットされ「セロトニン」と呼ばれる幸せを感じる物質が活性化されます。そして、ヨガのポーズで体を動かしていくことにより体温が上昇しますので、眠っていた体を内側から起こすことができ、1日の始まりを気持ちよくスタートさせることができます。

ヨガは、空腹時に行うのがベストなので、朝食の前に朝ヨガをやってみましょう。
忙しい方は1日5分でも良いので、簡単なヨガを行ってみてください。
ポイントは”太陽の光を浴びること”です。外に出なくても良いので、カーテンや窓を開けて全身に光を浴びるようにしてみましょう。

<まとめ>

朝のうちに体を動かすことで血液の循環が良くなり、代謝を上げることができます。
自律神経を整えるだけではなく、ダイエットにも効果がありますので、是非朝起きたときにヨガをやってみてください。体の変化を感じるはずですよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑