ウィッグを被る時の地毛のまとめ方

公開日: 

オールウィッグ(フルウィッグ)をキレイに被るためには、地毛のまとめ方が重要になります。長い髪の毛の方はボコッとボリュームが出やすくなりますので、被り方のコツを覚えておきましょう。

スポンサードリンク

<ロングヘアーでウィッグを被る時のまとめ方>

ロングヘアーの方は、髪の毛を一つにまとめると中心部が高くなり、ウィッグを被った時にボコッとなり不自然になってしまいます。

そのため、髪の毛をまとめる時に「三つ編み」をしてクルクルとお団子を作り、ボリュームを均一にすることがポイントです。

地毛をしっかりとまとめてからネット、そしてウィッグの順番で被っていくことで、自然なウィッグスタイルを作ることができます。

<セミロングでウィッグを被る時のまとめ方>

ロングヘアーほど髪の毛が長くない方は、髪の毛を後ろに束ねた後は、ねじるようにしてアップするとボリュームが分散され、自然なウィッグスタイルが作れます。

スポンサードリンク

短い毛やまとまりにくい部分は「アメピン」等を使って固定し、ウィッグから髪の毛がはみ出さないように、あらかじめきっちりしておくと後から困りません。

いきなりキレイに被ることは難しいので、ウィッグに慣れるまで少し練習をしておきましょう。

<ウィッグを被る時のスタイリング剤の活用法>

地毛のまとまりが悪いとウィッグのバランスも悪くなります。
どうしても上手くまとまらない時は、「スタイリング剤」を使って整えるようにしましょう。

ワックスやスプレー等のスタイリング剤を使うことによって、髪の毛が柔らかくまとまりにくい方でも固定しやすくなります。

また、ウィッグを被った時に静電気が起きてボサボサになってしまった場合は、ウィッグ専用のトリートメントスプレー(オイルミスト)を使えばサラサラの艶のある髪質に仕上がりキレイにまとまります。

<まとめ>

オールウィッグ(フルウィッグ)を被る時は、ウィッグネット、静電気防止ブラシ、ヘアピン、ゴム、スタイリング剤を揃えておきましょう。何度か練習していくうちにコツを掴んでキレイに被れるようになりますよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑