自宅で簡単に出来るウィッグのお手入れ方法

公開日:  最終更新日:2014/09/26

ウィッグを使っていくうちに、どうしてもニオイやゴワつきが気になってきますよね。
ウィッグは、定期的にお手入れをすることでキレイな状態を保ちながら、長持ちさせることが出来ますので、自宅で簡単に出来るウィッグのお手入れ方法をご紹介します。

スポンサードリンク

<ウィッグが絡まってしまった時の対処法>

ウィッグの悩みで一番多いのが“毛の絡み”です。
もしも、ウィッグが絡まってしまった時は、無理やりブラッシングをするとウィッグ自体にダメージを与え、抜け毛や切れ毛の原因となります。

そのため、「シリコーンスプレー」や「オイルスプレー」等、ウィッグ専用のスプレーを使って絡みを優しく解いていきましょう。

やり方はとっても簡単♪
ウィッグ全体にスプレーをかけ、根元ではなく毛先から優しくブラッシングしていきます。
プラスチック製のブラシは静電気が起きやすく、絡みの原因となるため金属性のブラシがおすすめです。ブラッシング後は、スプレーを自然乾燥させれば簡単にウィッグがキレイに整いますよ。

スポンサードリンク

ウィッグのゴワつきやボサボサ感が気になる場合には、「柔軟剤」を入れた水に30分~1時間ほどウィッグを浸して洗い流すと、サラサラな質感に仕上がります。

<絡みを防止するためのウィッグの保管方法>

ウィッグを使った後は、丁寧にブラッシングをしてから収納しましょう。
ブラッシング後は、「ウィッグスタンド」を使って直射日光の当たらない場所へ置き、きちんと保管しておくようにして下さい。

湿度の高い場所では、雑菌が繁殖しやすくなりますので、風通しの良い場所に保管するのがベストです。ポーチ等に丸めておくとウィッグの形が崩れたり、毛が絡みやすくなるので気を付けて下さいね。

<まとめ>

ウィッグのお手入れは、慣れればとっても簡単なので、せっかく買ったウィッグを長持ちさせるためにも、こまめにお手入れをしてあげましょう。

ウィッグ用のケア用品は、ウィッグ専門店などで取り扱っていますので、あらかじめケア用品を一緒に購入しておくと便利ですよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑