入学式のスーツにコサージュは付ける?基本的な選び方

公開日: 

お子さんの入園・入学式では、セレモニースーツを着用しますが、そのスーツに「コサージュ」を付けるかどうかで悩む方も多いですよね。

スポンサードリンク

<入学式にコサージュはつけるべき?>

コサージュは、必ずしも着けなければいけないものではないため、コサージュなしで出席する方も沢山います。しかし、入園・入学という門出のおめでたい式では、コサージュを付けることで、とても華やいだ雰囲気が出ますのでおすすめのアクセサリーです。

特に落ち着いたカラーのスーツを着る方は、コサージュを付けた方が明るくなりますので入学式らしい服装に仕上がります

<入学式でタブーなコサージュとは?>

●避けた方が良いカラー

コサージュにも色々な種類がありますが、入学式では「黒」のコサージュは避けるようにしましょう。ゴールドやシルバーをあしらった華やかな黒のコサージュもありますが、基本的に黒は喪を連想させるカラーのため、お祝いの席では避けるのが無難です。
少し明るめのグレー等なら問題ありません。

●避けた方が良い素材

スポンサードリンク

コサージュの素材も幅広く販売されていますが、入学式は春の季節となりますので、冬の素材は避けるようにいましょう。「ベルベット、ニット、フェルト」など、季節感のないものやカジュアル過ぎる素材は控えましょう。

<入学式向け基本的なコサージュ選びのポイント>

一番悩みがちなのは、コサージュとスーツの色の組み合わせかと思います。
チグハグにならないためには、「同系色」のカラーを合わせると失敗しづらく、無難なコーディネートに仕上がります。多少色のトーンが違ったとしても、同じようなカラーのコサージュなら浮いてしまう事はありません。 

入学式のコサージュで人気が高いのは、淡いカラーデザインです。白やピンクなら表情も明るく映り、全体的に優しい印象になります。ブルーやパープル等の寒色系は、知的な印象になる反面、ケバケバしく見えることもあるので注意しましょう。

<まとめ>

上品さを忘れなければ、入学式のコサージュはコーディネートを素敵に演出するアイテムです。是非胸元に華やかさをプラスして、大切な日の門出を迎えましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑