車内が暑すぎる時に出来るだけ早く車内の温度を下げる簡単な方法

公開日: 

車内の暑さ対策
真夏になると気温の上昇とともに車内が暑すぎて、車でのお出かけが辛い季節となりますよね。そこで、出来るだけ早く車内の温度を下げるための簡単な方法をご紹介しますね。

スポンサードリンク

温度を下げるにはまずドアを数回開け閉めする

真夏の時期の車内の温度は、50度近くにまで上がり、ダッシュボードの上は驚くことに約75度にもなります。

すぐに車のエンジンをかけ、エアコンを入れたとしても車内の温度が下がるまでに時間がかかりますので、その間にぐったりとしてしまう事もありますよね。

少しでも早く車内を涼しくするためには、まず車の窓を全開にし、運転手側のドアなど1カ所だけ開閉を繰り返します。

うちわで仰ぐような感じで、風を送り込むようにしてドアを5~6回ほどパタパタと開け閉めをするだけで、車内の温度は約15度程下がると言われていますので、是非試してみましょう。

スポンサードリンク

車内が暑すぎる時にエアコンの設定と使い方

車のエアコンは、窓を開ける段階で直ぐにスイッチを入れておきます。
外気導入しながら、最大風速&最低温度に設定してエアコンをかけておき、車内の温度が少し下がったのを確認します。

それから、車内の窓を閉めて窓内気循環&適温に設定し直します。
車内の熱がこもったままエアコンをかけても、車内の温度が下がるまでに時間がかかりますので、ドアを開けるというステップを踏みながらエアコンを使用することがポイントです。

車から降りる時にサンシェードなど日よけグッズを使う

車の温度が上がりすぎないよう、サンシェードなどの日よけグッズを使用するだけで、温度の上昇を抑えることができます。

また、冷却スプレーを使えば車のシート部分など、温度を下げたいところをピンポイントで冷やすことが出来ますので、上手に活用するようにしてください。

まとめ

冷却スプレーを使う時は、火気厳禁となります。タバコを吸いながらの使用で事故が増えていますので、取扱いには十分気を付けるようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑