好みのブレンドコーヒーは?!代表的なコーヒー豆の種類と特徴まとめ

公開日: 

コーヒーは世界約70カ国で生産され、コーヒー豆の種類は200種を超えています。コーヒーショップでもオリジナリティ溢れるブレンドコーヒーが提供されていますね。そこで、自分好みのブレンドコーヒーを見つけるために代表的なコーヒー豆の種類と特徴をまとめてみました。

スポンサードリンク

<コーヒー豆の産地について>

コーヒーの木が育つには、限られた気象条件が必要なことから、ほとんどのコーヒー豆は北回帰線(北緯25度)と南回帰線(南緯25度)の間で生産されています。
地図上で産地をチェックすると帯状に並ぶことから、”コーヒーベルト”と呼んでいます。

コーヒーは、産地によって香り、酸味、甘味、風味が異なります。
ストレートだけではなく、好みの味に近づけるために複数の豆を組み合わせたブレンドで飲む楽しみも、コーヒーの大きな魅力の一つです。

<代表的なコーヒー豆の種類と特徴>

●ブラジル・・・適度な酸味と苦味がありバランスが良くクセがありません。

●コロンビア・・・甘い香りとまろやかな酸味でマイルドコーヒーの代表です。

スポンサードリンク

●キリマンジャロ・・・強い酸味と甘みがあり豊かなコクが特徴です。

●モカ・・・強い香りとまろやかな酸味、コクも楽しめます。

●ブルーマウンテン・・・甘味、酸味、香りのバランスに優れています。

●ハワイコナ・・・強い酸味と甘い香りが特徴です。

●マンデリン・・・強い苦みと濃厚なコクがあります。

●グァアテマラ・・・強めの酸味と芳醇な香りが特徴です。

●ケニア・・・強い酸味とスッキリとした後味が特徴です。

●ブラジルサントス・・・香りが高く適度な酸味と苦味があります。

●ベネズエラ・・・軽い酸味と独特の苦みがあります。

●メキシコ・・・酸味と香りが適度にあり上品な味わいです。

●クリスタルマウンテン・・・適度な酸味と苦みがありスッキリとした味わいです。

●ロブスタ・・・強い苦みと独特の香りがあります。

●ペルー・・・柔らかな香りとまろやかな酸味があり余韻がしっかりと残ります。

<まとめ>

コーヒーショップでは、上記の豆を取り扱っているお店が多いので、色々なコーヒーを味わって自分好みのコーヒー豆を見つけましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑