屋形船でお花見が楽しめるおすすめスポット3選

公開日: 

この春は、屋形船でお花見クルーズしませんか?
地上から見るお花見を素敵ですが、船の上から眺めるお花見は一味違います。
屋形船でお花見が楽しめる人気のおすすめスポットをご紹介しますね。

スポンサードリンク

関東のおすすめ:隅田川の花見と東京の景色

浅草・浅草橋などから出航している「隅田川」をクルーズする屋形船なら、隅田川沿いに咲き誇る満開の桜を楽しむことができます。

東京スカイツリー、アサヒビールのモニュメントなど、観光スポットとしても人気のビューポイントが多数あり、お台場を経由するコースなら、レインボーブリッジなどの景色も望めます。

日没後のナイトクルーズなら、ライトアップされたお花見とともに東京の煌びやかな夜景も楽しめます。乗合船が豊富に運行しているため、低料金で満足度の高いバラエティーに富んだプランが充実しています。

関西のおすすめ:和船で巡る古都のお花見

京都といえば、桜の名所が沢山あることから、春旅では人気が高いスポットです。
京都の人気観光地でもある嵐山・渡月橋からは、約1500本の桜を鑑賞できる屋形船のお花見クルーズがあります。

スポンサードリンク

”保津川下り”と呼ばれる船頭さんが1本の竿を使って遊覧するコースなら、渡月橋を渡れば嵐山公園に咲くソメイヨシノが見られ、古都の景色を情緒ある屋形船で楽しめます。

クルーズ時間は短く食事などはないものの、貸切と乗合船があり、観光がてらに気軽に乗船ができます。京都の桜の名所を巡る旅と合わせて、屋形船でゆっくりとお花見してみてはいかがでしょう?

東海のおすすめ:名古屋城と江戸時代の風雅が漂う船

文化元年、日置橋の南北100mの両脇に数百本の桜が植えられた堀川は、愛知県・名古屋市を代表するお花見の名所として、春には古くから多くの花見客が訪れるスポットです。

江戸時代の風雅を極めた尾張藩の関船「義丸」の名を取った豪華屋形船も運行しており、名古屋城建城時代にタイムスリップをしながらのクルーズもおすすめです。

貸切のみとなりますが、豪華な料理がセットになったプランもあるので、宴会など大人数での集まりに人気があります。

まとめ

屋形船といっても船の形やサービス内容は大きく異なります。
お花見以外でのオプションも照らし合わせて、予算や希望に合うお花見屋形船を体験してみましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑