東京のしだれ桜の名所は春の散策におすすめ!

公開日: 

桜の木には色々な種類がありますが、この春はしなやかで優美な姿を見せてくれるしだれ桜を見に行きませんか?東京のしだれ桜の名所として人気が高いスポットをご紹介しますね。

スポンサードリンク

文京区:大名庭園のしだれ桜 六義園

5代将軍綱吉の側用人である柳沢吉保が造営した大名庭園である「六義園」は、区にの特別名勝に指定されており、庭園の中心には高さ約15m、幅約20mを誇る見事なしだれ桜が花を咲かせます。

六義園のシンボルとも言えるしだれ桜は、満開の季節には”しだれ桜と大名庭園のライトアップ”が開催されますので、夜桜も鑑賞できます。また、庭園では甘酒などを飲める茶屋スペースもあるので、のんびりと桜の散策をしたい方におすすめです。

文京区:7本のしだれ桜 小石川後楽園

水戸光圀公ゆかりの地である小石川後楽園には、7本のしだれ桜や珍しいウコンザクラなどが春の訪れとともに花を咲かせます。六義園に並び、区にの特別名勝に指定されている小石川後楽園は回遊式泉水庭園で、しだれ桜が水面に映し出される景色は味わい深いものがあります。

スポンサードリンク

樹齢60年程度でありながらも、庭園ならではの景色と見事に調和していますので、しだれ桜の名所にふさわしい鑑賞が楽しめます。

青梅市:東京都内の名桜 梅岩寺

多摩川の南岸に位置する「梅岩寺」は、長徳年間に寛朝が開山したと言われる歴史あるお寺です。

梅岩寺のしだれ桜は、青梅市の天然記念物にも指定されており、都内有数の名桜として親しまれています。山門のしだれ桜はしなやかな美しさを持ち、山の斜面にあるしだれ桜は力強く咲き誇るため、2つの対象的な姿が見どころのポイントとなっています。

【広告】東京+桜で楽旅ノートを調べる

まとめ

春になると桜が満開となり、新しい季節の訪れに心が躍りますよね。
朝の光、夕暮れ、日没後のライトアップ・・・。時間帯によっても、しだれ桜は顔を変えて楽しませてくれますので、是非お気に入りのスポットを見つけてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑