陶炎祭(ひまつり)はどんなお祭り?おすすめイベントの歩き方

公開日: 

茨城県で最大規模のお祭りと言えば笠間の陶炎祭ですよね。
ルーツをたどってみると手作り感がいっぱいでアットホームな雰囲気にも納得できるものがあります。

陶芸家とも触れ合える陶炎祭では掘り出し物が見つかるかもしれませんね!
そこで、陶炎祭(ひまつり)の概要とイベント内容、交通アクセスなどについてご紹介しますね。

そうそう、陶炎祭(ひまつり)のイベント会場はとても広いのでトイレとおすすめファッション情報も記載しました。

スポンサードリンク

陶炎祭(ひまつり)の概要について

陶炎祭は茨城県笠間市で行われていて、会場は笠間芸術の森公園です。

2015年は4月29日から5月5日までの開催となっていて、時間が9:00~17:00までですね。

200件以上の陶芸家や窯元が参加して、個性的な陶器の販売をしています。お店の作り方もユニークで見て歩くだけでも楽しいですよ。

また、飲食の屋台もでますが、これは陶芸家のみなさんが運営していますので、料理にもオリジナリティーがあります。

毎年、会場に窯が設置されていましたので名物の1つとなっています。残念ながら2014年は窯がありませんでした。

2015年の新着情報はまだなので公式ホームページでチェックしてみましょう。

陶炎祭の始まりはとても規模が小さかった?

2015年に第34回を迎える笠間市の陶炎祭は1982年に始まりました。

その時の陶芸家や窯元参加は36人だけと小規模なものだったんですね。会場の設営や運営、宣伝まで自分たちでするという手作り感のある祭りからスタートしています。

今でも飲食店の運営を陶芸家の方がするのは、こういったルーツから来ているんですよ。

第11回までは芸術村で開催されていましたが、第12回からはずっと笠間芸術の森公園で陶炎祭を行う様になりました。

オススメの陶炎祭(ひまつり)イベントは何だろう?

陶炎祭の会場では様々なイベントが実施されます。

その1つに「選んで飲んで味わえる抹茶椀展」があり、小さなお子さん連れでもお抹茶に親しむことが出来ます。

陶芸家が抹茶椀を作り展示していますので、その中から好きな茶碗を選んでお抹茶を飲むことが出来るんです。料金は400円ですが、野点(のだて)の雰囲気もありつつカジュアルなところがいいですね。

普段の生活の中では、お抹茶をたしなむ機会があまりないので良い経験になるのではないでしょうか?

他にも陶器の展示や中央ステージでの土面オークションなど盛りだくさんになっています。

陶炎祭(ひまつり)会場までのアクセスも確認しておきましょう

あまり交通の便利な場所ではないので車で行こうと思っている方も多いでしょう。

東京方面から行くなら常磐自動車道の岩間ICから国道355号線に入っていくのが近道です。

スポンサードリンク

一番近いのが陶炎祭の駐車場ですが、周辺道路も含めてかなり混雑するようなので、臨時駐車場に車を止めてシャトルバスを使った方がストレスもたまらないと思いますよ。

臨時駐車場からは100円で乗れるシャトルバスが出ますので、利用時間も含めて確認しておけば問題ないでしょう。

JRを利用するなら常磐線「友部駅」か水戸線「笠間駅」が最寄となり、友部駅からはシャトルバス、笠間駅からは臨時バスも出る予定になっています。

会場までは歩いて30分程度ですが、100円で利用できるシャトルバスをオススメします。

陶炎祭の会場はとても広くて歩く距離も多くなりますので、往復の移動は少し楽をした方がお祭りを楽しめると思いますよ。

陶炎祭(ひまつり)はマップ片手に見るのがオススメ

陶炎祭の会場はとても広いので何がどこにあるのかわからない人もいます。

特に小さなお子さん連れですとトレイの場所がわからずに困ってしまうことがあるのではないでしょうか?

2014年のマップを確認したところ、トイレの設置は3か所だけでした。

当然かなり込み合いますし、場所にたどり着くのも大変でしょう。

お子さん向けに何度かトイレタイムを考えながらお祭り会場を巡った方が良いと思います。

3か所とも水洗トイレでしたのでその点は安心してください。

縁日で買った食べ物のゴミはそのお店の人に渡すようにしてください。

会場にはゴミ箱を設置していないので、渡しそびれると持って歩かなくてはいけなくなり、ちょっと邪魔になると思いますよ。

陶炎祭に行くときにオススメのファッションって?

公式ホームページでもオススメしていますが、雨が降ると足元が汚れるものだと思ってください。

そのためデートで行くのは構いませんが女性がパンプスやサンダルを履いていくのは避けた方がいいと思います。

かなりの距離を歩くことになりますし、雨が降った時に機嫌が悪くなるのはご想像の通りです。

「この靴なら汚れてもいいや」と思えるもので歩きやすい靴を選んでいくのが一番いいと思いますよ。あとは、急な雨になることがある様なので、雨対策を十分にしていきましょう。

車で行けば大丈夫だと思ってしまいますが、泥だらけの靴で車の中が汚れるのが嫌な人なら交通機関を使った方がいいですね。

まとめ

笠間市の陶炎祭(ひまつり)は、茨城県で最大クラスのお祭りでアットホームな雰囲気が楽しめるのも良いですね。

あらかじめ色々なリサーチをしておくと不便もなく楽しく参加することができます。

周辺の他のスポットまで欲張らず陶炎祭を単独で見に行く計画にした方が、無理なく見てくることが出来るのではないかと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑