戸畑祇園大山笠の起源や見所と当日の交通規制について

公開日: 

提灯のピラミッドが行く!戸畑祇園大山笠の夜が絶景です!

戸畑祇園大山笠は福岡県北九州市で行われているお祭りです。

国の重要無形文化財にも指定されていて、福岡県では夏の3大祭りともいわれています。

昼の山笠もいい眺めですが、夜にはこんな変化をするのかとため息が漏れますよ。

スポンサードリンク

戸畑祇園大山笠の起源はいつから始まったの?

1802年頃に戸畑地域で疫病が広まりました大変でしたが、神社でお祈りをしたら納まったそうです。

そこで次の年から感謝の意味も込めて山笠を神社に奉納したのが戸畑祇園大山笠の始まりだと言い伝えられています。

途中で戦争などがあり中断されたこともありましたが1947年に復活してからは毎年開催されています。

また数回にわたって山笠が新設されて盛り上がりを見せています。

毎年、10万人以上の人手があるお祭りにまでなっていますね。

昼には幟(のぼり)山笠が、夜には幟山が佐野飾りを外して高さ4mの櫓(やぐら)を組んで提灯をつけます。

灯りの消えた中で巨大な提灯のピラミッドのような姿が見られてとてもキレイですよ。

開始の号令の後に動き始めますが一瞬ゆらっとして倒れそうになるのも迫力です。

お囃子の中、提灯をつけた山笠がどんどん移動していきます。

例年7月の海の日前後に開催されていて、2015年は7月24日~26日の3日間と発表されています。

戸畑祇園大山笠の見所って?

3日間のスケジュールで開催される戸畑祇園大山笠は、初日の24日に各山笠の飾り付けやお清めなどから始まります。

“お汐井汲み”は神官が海水を汲み上げてお祓いをするものです。その後、各山笠の運行が始まります。

25日は大山笠競演会が18:00~21:00の間にあります。場所は戸畑区役所前なのですが、有料で観覧席も用意されています。

指定席ははがきで応募して1席4,000円です。お子さんと行く人には注意点があります。

1歳以上は子どもでも1席の予約が必要になるので大人と同じで考えなくてはいけません。

800席用意していますが応募が多ければ抽選になることもあるそうです。

自由席は450席あって1席3,500円です。7月2日から販売されて先着順になります。

当日でも空きがあれば自由席の販売はありますので確認してみましょう。

提灯山笠が集合するのは20:00ころになってからです。20:15には提灯山笠の運行が始まり、20:30ころには自由競演が始まります。

恐らく見所になるのはここでしょう。

最終日26日は各山笠の運行があります。これはお昼の部だと思っていいでしょう。

スポンサードリンク

戸畑祇園大山笠の当日は交通規制もかなり多い

戸畑祇園大山笠の当日は広範囲で交通規制がありますので、2014年の発表を参考にしてご紹介しますね。

戸畑駅前の国道50号線と国道99号線に挟まれ、戸畑郵便局・戸畑私立高校に囲まれたエリアのほとんどが歩行者専用道路になります。

時間は25日17:00~22:00で戸畑祇園大山笠競演会が行われる時間帯です。中に入り組んだ細かい道路まで歩行者専用なので車で行くことは避けるようにと毎年発表しています。

地図で見るとかなり距離を感じますが、競演会場まで歩いても14分くらいしかかかりません。

この近くまでバスでも行けて、「戸畑駅前」から八幡製鉄所総合センタ行きのバスに乗って「戸畑区役所前」で降ります。

歩く時間を入れても10分くらいで片道料金が190円です。

かなり細かく探しましたが周辺で駐車場を見つけるのは困難だと思ってください。

遠方から行く方のために北九州空港から戸畑駅までのルートをご案内しましょう。

北九州空港からもアクセスは便利で、まずリムジンバスに乗って「小倉駅バスセンター」まで37分くらいで行きます。

乗り換えて「小倉駅」から「戸畑駅」までは鹿児島本線で8分くらいです。料金は片道850円です。

戸畑祇園大山笠を見に行ったときにオススメのランチ

戸畑祇園大山笠の開催される戸畑駅周辺エリアでランチの店をピックアップしました。

7月の下旬ですが暑いときなので夏バテになっている人もいるかと思います。そこで「海の音」のランチメニューもいいでしょう。

冷たいうどんのセットが600円くらいです。女性にも好まれるお洒落なスタイルが嬉しいですね。

ランチでも九州産の黒毛和牛が食べたいなら「鉄板焼きダイニング 暖Haru」がオススメです。

ランチは和牛ステーキ御膳(1,300円)や日替わりランチ980円などです。

量があまり多すぎないので女性も気軽に食べられるでしょう。

イオン戸畑の中には地元のファミレスとして親しまれる「庄屋」があります。

ファミレスは侮られてしまいますが、懐かしい和食がここでも食べられます。

値段がリーズナブルだしメニューも多いので、他のところで混み合っているなら戸畑駅まで移動するのも良いでしょう。

まとめ

夜もキレイな戸畑祇園大山笠をご紹介しました。

九州には昔ながらのお祭りがたくさんありますので、「○○三大祭り」といわれると全部制覇してみたくなりますね。

暑気払いにも威勢のいいお祭りを見てすかっとした気分になるのも良いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑