檜枝岐歌舞伎2015年5月の日程は?先着順なので交通手段が大事!

公開日: 

伝統歌舞伎だけではなく、その舞台までもが長い年月をかけて受け継がれている檜枝岐歌舞伎。

本当に昔の様子で歌舞伎を見たいと思う方にはオススメのイベントです。

重要無形文化財の指定も受け、露天で見られる歌舞伎は珍しいですね。

ここでは、檜枝岐歌舞伎の歴史や日程、そして「時間に間に合わない」なんてことがないように交通アクセスなども併せてご紹介しますね。

スポンサードリンク

歴史を感じる舞台に華やかな衣装の檜枝岐歌舞伎

檜枝岐歌舞伎は、江戸時代から270年もの間、その地に受け継がれてきた伝統的な農村歌舞伎です。

元々は檜枝岐の農民が江戸の歌舞伎を見てきて、あまりの美しさに真似て実演したことが檜枝岐歌舞伎の始まりです。

その後親から子、子から孫と伝承されてきた歴史があります。

現在は、座員30名程度の千葉之家花駒座が檜枝岐歌舞伎を演じています。

檜枝岐歌舞伎が行われるのは屋内のホールではありません。

檜枝岐の舞台があり、これは昭和51年に国指定重要有形民族文化財に指定されている貴重な場所です。

火事で一度消失していますが、今の舞台は明治30年に再建されそのまま使っています。

一見するとその価値には気が付きにくいですが、この舞台だからこそ屋外で演じる檜枝岐歌舞伎が一層良いものに見えるのだと思います。

ちなみに定員は決まっていませんが1,200人程度が集まるといっぱいになります。

開演の1時間前から入ることが出来ますが、場所取りはできない決まりになっていますのでルールに従いましょう。

先着順の自由席です。開場は18:00が目安になります。

檜枝岐歌舞伎の日程は?観光も別々で考えると気分が楽に楽しめる

せっかく会津に行くのなら、鶴ヶ城や白虎隊関連のスポットを見るのも良いでしょう。

野口英世青春館とかお寺もたくさんあります。

ほとんどが会津若松市にありますので、檜枝岐歌舞伎と同じ日程に入れていると、「時間に間に合わないのでは…」と観光をしていてもそわそわしてしまいます。

観光とグルメは同じ日にできますので、それとは別で檜枝岐歌舞伎を見ることにしましょう。

檜枝岐歌舞伎は以下の通り開催されます2015年5月12日に開催されますので、5月11日・12日、もしくは5月12日・13日でスケジュールを考えた方が便利でしょう。

檜枝岐歌舞伎の開場が18:00で少なくとも1時間前には到着していた方が良いので、バスで80分かかることを考えると15:40にはバスに乗らなければ…逆算すると慌ててしまいませんか?

スポンサードリンク

マイカーで行くこともできて徒歩7分の場所にある檜枝岐村立檜枝岐小学校校庭に200台まで止められます。

ただし、満車になったときの悲劇を考えると公共交通機関の方が良いですね。

檜枝岐歌舞伎の時間に間に合うためには交通手段がなにより大事!

さて、檜枝岐歌舞伎を見るためには早めに行くのが大切です。

そのためにも現地までの交通ルートはしっかり確認しておいた方が良いでしょう。

最寄りまでの交通ルートでオススメされているのが会津高原尾瀬口駅から会津バスに乗ります。

沼山峠行きに乗って「檜枝岐ますや前」で降りて下さい。時間は80分程度かかります。

「当日にそんな時間をかけるのは不安!」という人には、最も近い温泉に泊まることをオススメします。

近くには2つの温泉旅館があって「ひのえまた」「かぎや旅館」が便利でしょう。

「ひのえまた」は13,000円からでまだ空きがあるようです。「かぎや旅館」は11,000円からで5月の予約状況はまだ出ていない様ですね。

檜枝岐の舞台までは徒歩1分くらいなので激近!という立地になっています。

お腹が空いたら結構困る!? 檜枝岐歌舞伎

檜枝岐歌舞伎を見に行って現地で食事をしようと思ってもお店が見つからなくて困ると思います。

そこで交通機関で行く場合は、会津高原尾瀬口駅周辺で済ませて行くのがオススメです。

ラーメンなら「恋路茶屋」、お食事なら「ふるさと食堂」、少し歩きますがお蕎麦やうどんなら「おり田」があります。

道の駅では“三種合体麺”があってテレビでも紹介されましたが、ラーメン・そば・うどんが1つのどんぶりに入っているユニークなメニューもあります。

会津の郷土料理が食べたいと思う方は日を別にして会津若松名産の桜なべを提供している「会津桜鍋 鶴我会津本店」や、むさしそばが食べられる「二丸屋武蔵亭」、ソースカツ丼で有名な「元祖煮込みソースカツ丼 なかじま」「串鶴」などオススメのお店がたくさんあります。

檜枝岐歌舞伎を見る人、グルメの日を分けて日程に組み込んでいると、時間のロスもなく慌てる必要がなくなります。

まとめ

檜枝岐歌舞伎は一度は見たいと思って集まる人が多いですね。交通アクセスでは便利と言えない場所ですが、それだけ魅力的なものです。

便利なエリアに住んでいると、その感覚で行動してしまいます。失敗しないために下調べは欠かせません。

また雨天決行も考えると雨具など準備万端でお出かけ下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑