しながわ宿場まつりのイベント毎に変わるアクセスや見所をチョイス

公開日: 

お祭り
華やかなパレードが見もので人気のしながわ宿場まつり!

歴史のある品川で行われるのが、しながわ宿場まつりです。
起源は古くないのに、いかにも江戸の雰囲気を残しているので、年齢や性別に関係なく楽しい時間が過ごせるでしょう。
お祭りの日時や開催場所、イベント毎に変わるアクセスが便利な駅や交通規制などもご紹介しますね。

スポンサードリンク

しながわ宿場まつりは伝統と文化を伝承

1990年から始まったのが、しながわ宿場まつりです。

江戸時代には江戸から全国各地へと繋がる道がありました。「五街道」と呼ばれるうちの1つに京都から日本橋までの東海道があったんですね。

東海道53次という呼び方が記憶にある人もいるでしょう。

このスタート地点になるのが、宿場町と呼ばれていた品川なのです。江戸時代からの伝統や文化を若い世代に受け継ごうとして、しながわ宿場まつりが行われるようになりました。

お祭りの会場も江戸時代から残っている2kmの道を使って開催されています。

参加者は、大工とか遊女、飛脚、茶屋娘などの扮装が出来ますし、艶やかなおいらん道中も見どころとなっています。

もし参加したいなら、募集要項や誓約書などの必要な手続きもありますので、公式ホームページで確認しましょう。パレードは、参加費用が無料ではなく、15000円くらいが必要になります。

メインのイベントから見どころをチョイス

2015年9月26日、27日に開催される「しながわ宿場まつり」ですが、イベントを選んで見に行くことができます。

26日には16:15ころから、おいらん道中は始まります。場所は東海道八ツ山口から品川橋までです。

27日13:00と15:00からは荏原神社鎮守橋で森重流砲術鉄砲隊演武があって、火縄銃を見ることができます。

14:00からは新馬場商店街でマグロ解体ショーがあって、鉄火丼を格安で振る舞っていますが、12:00頃から予約券の配布が始まりますので、早めに並んだ方が良いでしょう。

13:30からは品川寺で火渡り荒行と野点があります。
2日目のお祭りではご紹介したように時間帯が微妙に重なりながら、いくつものイベントがありますので一番お目当てのものを選ぶことになります。

イベントごとに便利なアクセスが変わる

各イベントによってアクセスが便利な駅が変わりますので、それぞれご紹介しますね。

まず、マグロ解体ショーや森重流砲術鉄砲演武が見たいなら、京急本線「新馬場」が最寄駅になります。

2日とも開催している「うまいもの市」やお祭りの本部もこの周辺です。

次に火渡り荒行や野点を見学したいなら、品川寺に行きますので最寄駅は京急本線「青物横丁」で降りましょう。

野菜のつかみ取りや紙芝居、小さなお子様とママの休憩所、おもちゃ作り体験もこの周辺になっています。お子さんと一緒にお出かけするファミリーには便利なエリアでしょう。

スポンサードリンク

江戸風俗行列に参加する人は、京急本線「北品川」駅を利用すると便利です。

かなり広範囲にわかれてお祭りの各種イベントが開催されるので、最寄駅もかなり違うことを把握してから出かけてください。
当日はパレードなどもあり周辺の交通規制があります。

2014年を参考にすると、26日の旧東海道では10:00~20:00まで、北参道商店街通では14:00~20:00まで通行止め、27日は旧東海道、北参道商店街通りともに10:00~20:00まで通行止めになります。

第一京浜・国道15号は通行できますが、交通規制でかなりの混雑が予測されます。

アクセスが便利な場所で開催されますので、公共交通機関を利用するのがオススメです。

しながわ宿場まつりでグルメを堪能

しながわ宿場まつりでは、お祭り会場ならではの食べ物もたくさんあります。マグロの解体ショーを見て鉄火丼を食べても良いですし、飴細工や餅つき大会なども楽しみの1つでしょう。

他のグルメスポットもいくつかご紹介しますね。

まず、北品川駅周辺なら「そば処栄亀庵」がオススメです。開運そばが有名で、勝運に恵まれると言うことでお客さんから人気があります。開運そばはお土産向けなので、イートインならダッタンそばが良いでしょう。美容や健康に良いといわれ900円で食べられます。

青物横丁駅周辺では、一息つける「カフェ ムジカ」でこだわりのコーヒーを飲むのも良いでしょう。バリエーションが多く390円からです。

お子さん連れの方が青物横丁駅周辺で気軽に入れる店は少ないですが、ファストフード店が3店くらい集まっているのは便利だと思います。

帰りの混雑が嫌な人にオススメのプラスワン

しながわ宿場まつりは、交通アクセスが便利で京急本線の3つの駅が利用できます。

ただし、交通規制の関係から帰りもかなり混み合うことが予測できますので、もう1つプランを追加してみませんか?

北品川駅から徒歩3分くらいのところに屋形船 平井があります。この屋形船を使って他の場所まで移動できるわけではありません。

クルーズを楽しんで戻ってきたころには、混雑もある程度は緩和できると思いますので、ゆったりとした気分でお祭りを締めくくれるでしょう。

人数が少ないと乗合船を使ったクルーズになりますが、2名から予約で来て、乗船料の他に料理代なども含めたコースなら10,800円で利用できます。

出船時間が夜なので、ファミリーよりもカップルにオススメのプランです。

おわりに

しながわ宿場まつりをご紹介しました。
江戸文化を受け継いでいるステキなお祭りで、繊細な職人技も見学できる貴重な機会が作れるでしょう。
事前に見たいものを決めておくと、効率よく時間を使えますので、公式ホームページのスケジュールも確認してみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑