必要なものまで捨てないで!断捨離のコツを理解してココロすっきり♪

公開日:  最終更新日:2014/11/18

断捨離で何をしたら良いのかがわかっても、いざ実践しようとすると、中々うまくいかない人もいます。

コツを理解して実践出来れば、初めて挑戦する人でも断捨離に失敗することはないでしょう。
即決即断できない品物もあると思います。

1つを手に取って長時間悩んでいても時間がもったいないので、ロスを減らして分類する方法もご紹介していきますね。

スポンサードリンク

<タンスの肥やしはただのゴミ!服を整理する断捨離のコツ>

あなたのタンスやクローゼットの中に「サイズが変わったけど、いつか着るはず」と言う服はありませんか?

10年経つとファッションは繰り返しはやると言いますが、まず今、着ていない服を何年か後に着る事はありません。
しかも、タンスやクローゼットにしまっていても、いつも同じ服しか着ていないと言うことにお気づきでしょうか?

服を処分する一番のコツは「1年着ていないものは、もう着ない」と考える事です。
サイズ違いの服も、「痩せたら着よう、太った時にはコッチを着よう」と予備があるからダイエットにも成功しない思考回路が出来上がります。

期間の区切りを決めてダイエットをして痩せたら着るものとするのは構いません。
その段階で、太っていた時の服は全て処分します。
「太ったら買い直さなきゃ。もったいない」という考え方が、リバウンドの抑制にもなるんですね。

また、「今は必要だけどその後は着ないだろうな」と言う服に対しても、買うのではなくレンタルで済ませる発想が身について、お金の無駄遣いをしなくなります。
買い足す時には「1枚買うなら1枚捨てる」と考えていれば余計な買い物をせず吟味するようになります。

<かさばる本の処分!「積ん読」から脱出する断捨離>

本も部屋の中でかさばるのではないでしょうか?

最近では電子書籍を利用する人も増えましたが、髪の本が片付かない人は電子書籍も整理が出来ないものです。
本を捨てられない人は「どうせ古本屋に売っても何十円にしかならないなら取っておこう」と言うところでしょうか?
そのまま大事に取っておいても、読み返すことはありませんし、保管期間が長くて価値の上がる本は持っていないと思います。

スポンサードリンク

時期がずれるほど、もっと値の付かない「ゴミ」になっていくでしょう。

無料で引き取ってくれる古本屋もありますので、手間をかけずに処分しましょう。
また、購入する時には、「すぐに読む」と言う本でなければ、流行に乗せられて買って、結果積み上げるだけのものにしかなりません。

「これがないと死んでしまうほど大事な本なのか」と考えて選別するのがコツです。

<断捨離では3ジャンルに分けると効率が上がる>

「いきなりものを捨てましょう」と言われても、そう簡単に決心は付かないでしょう。
そこで、分類する時は3つのジャンルに分けてビニール袋にまとめて下さい。

「すぐ捨てる」「検討する」「取っておく」この3つのゴミ袋に分けていきます。
「検討する」の袋がある事で、まだ考える余地があると分類で迷うことが少なくなりますね。

ただ、何でも「検討する」に入れたままでは断捨離にならないので、全部の分類が終わってから、「検討する」の袋に入っているものも、「すぐ捨てる」「検討する」「取っておく」に分け直していきます。
そして、次の段階では袋の中身が半分になるところを目指しましょう。

まだ「検討する」があれば、再分類を初めて半分の量にすると繰り返せば、迷って残すものがどんどん少なくなりますよ。
少し余裕を持たせることで、実は効率アップが出来るものなのです。

<まとめ>

断捨離のコツをご紹介しました。

何でもとにかく捨てなくては、と考えると、段々やけになって本当に必要なものまで捨ててしまうものです。
後悔しないためにも分類の段階を経て、しっかり分けることも身につけていきましょう。

~断捨離について他にも記事を書いてみました~

眠れない夜はどうしたら良い?不安やいらない考えを断捨離!
冷蔵庫の中がものであふれている…断捨離で整理整頓を!
溜まる一方で全然片付かない勉強会の資料も断捨離出来る?
断捨離で運気アップまで狙えるって本当!?
断捨離に興味はあるけど今更「何?」って聞けないなら!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑