ヨガインストラクターになる方法

公開日: 

ヨガを続けていくうちに、難しいレッスンをこなせるようになれば、今度は教える立場にも興味が湧いてくると思います。ヨガの指導者であるインストラクターになるためにはどうしたら良いのでしょうか?

スポンサードリンク

<ヨガインストラクターの資格について>

ヨガのインストラクターになるためには、特別な資格は必要ありません。
日本では、国家資格などがありませんので、極端な話をすれば誰でもヨガを教えることができるのです。
しかし、ヨガのインストラクター養成講座でライセンスを取得すれば、ヨガの指導者としての信用を得ることができますので、取得しておいて損はありません。

現在、インストラクターの養成講座は数多く存在し、色々なスタジオにて行われています。
費用や取得時間にも大きく差がありますので、自分に適した養成講座を見つけることから始めてみましょう。

講座を修了し、ライセンスを取得すればインストラクターとしてのオーディションを受け、ヨガ教室などで働くことが可能になります。自宅などで教室を開くことを目標としている方も、まずはスタジオで実際に仕事として働いた方が、ビジネスとして色々と学ぶことができます。

スポンサードリンク

<ヨガインストラクターに必要なスキル>

ヨガインストラクターとして働くためには、幅広い知識が必要になります。
ヨガの基本的な知識に加え、瞑想や精神を向上させるヨガの哲学、筋肉や関節の使い方を知るための解剖生理学なども身に着けなければなりません。

また、指導者として人に伝えるコミュニケーション能力や話術も必要になってきます。
ヨガ教室は増加の一途を辿っていますので、ヨガインストラクターの求人は比較的多いものの、生徒にとって魅力的な指導者でなければ教室として成り立ちません。

インストラクターとなった後にも、人として指導者として、常に向上し続ける気持ちが大切です。

<まとめ>

ヨガのインストラクター養成講座を受けるために必要な費用は、30万円前後と決して安くありません。そして、資格を取得しても、必ずしも理想的な場所で働けるという保証はありませんので、努力が必要であることを忘れてはいけません。
まずは、ヨガ教室に通っているインストラクターの方に話を伺い、生の声を聞いてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑