ウィッグに使うスタイリング剤の基礎知識

公開日:  最終更新日:2015/01/07

ウィッグファッションを楽しむために、ウィッグに使用するスタイリング剤の基本的な使い方について覚えておくと便利です。主な使い方のポイントをまとめてみました。

スポンサードリンク

<ウィッグに使用できるスタイリング剤>

ウィッグをまとめる時に使うスタイリング剤は、通常のヘアスタイリング剤ではなく、できるだけウィッグ専用のものを使いましょう。通常のヘアスタイリング剤でも使用できない事はないのですが、傷みの原因となることがあるので気を付けてください。

特にファイバー素材のウィッグは人毛と性質が異なりますので、専用のスタイリング剤を使用しましょう。ワックス、スプレー等のウィッグ専用スタイリング剤が販売されています。一旦手のひらで馴染ませてから、スタイリング剤をウィッグに付けると馴染みやすくなります。

<ウィッグに付いたスタイリング剤の洗い方>

ウィッグにスタイリング剤が残ったままでは傷みの原因となりますので、使い終わったきちんと汚れを落としてから仕舞っておきましょう。

スタイリング剤を落とす時は、普段使用しているシャンプーとリンス(コンディショナー)を使います。

スポンサードリンク

①ウィッグを濡らして水気を取ってから、スタイリング剤が付いている部分にリンスをたっぷりと塗ります。
②5分から10分程度放置し、軽くリンスを洗い流します。
③リンスを洗い流した後にシャンプーをします。
④シャンプーを洗い流して水気を取り、自然乾燥をすればお手入れ完了です。

地毛を洗う時と比べて、シャンプーとリンスの順番を逆にすれば良いだけです。
リンスを先にした方がスタイリング剤が簡単に取れるのでおすすめです。

<ウィッグにスタイリング剤を使用するときの注意点>

ハードタイプのスタイリング剤を使用するときは、「フレーキング現象」と呼ばれるスタイリング剤が固まってしまう現象が起きる場合があります。

地毛に使用する場合でも、ハードタイプのスプレーを使って白っぽくなってしまった事はありませんか?もしもウィッグにハードなスタイリング剤を使った場合は、なるべく当日中にキレイに洗うようにしましょう。

時間が経過するとウィッグにこびりついて落としにくくなるので気を付けてください。

【広告】楽天でウィッグに使うスタイリング剤をお探しの場合はこちらです 楽天市場

<まとめ>

スタイリング剤の特性を覚えておけば、ウィッグを使うことがますます楽しくなります。
お気に入りのウィッグを長持ちさせるためにも是非覚えておきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑