二日酔いの予防も出来る!?お酒のおつまみ大活用

公開日:  最終更新日:2014/11/18

飲み会の時期が多いシーズンには、どうしても飲み過ぎから二日酔いになりますね。
いろいろな方法も紹介されていますが、イマイチ効果がないと感じている人にオススメの方法があります。

お酒のおつまみで工夫できるとしたら、とても便利ですね。

スポンサードリンク

<雰囲気もカッコイイ!ナッツで二日酔い予防>

二日酔いの原因は、肝臓で分解しきれなかったアセトアルデヒドだと言われています。
それなら肝臓の働きを活性化することで、かなりの予防効果があると思いませんか?

ナッツ類にはオルニチンという成分が入っています。

アセトアルデヒドの分解をサポートしますので、肝臓への負担も軽くなります。
ゴマや鶏肉にも入っていますが、ここでナッツを選ぶのは他にも効果があるからです。
マカダミアナッツやクルミには、わずかな脂肪があり、これがアルコールの吸収を遅くしてくれます。
2つの効果を発揮しますので、おつまみにナッツ類を食べるのは良いですね。

注意点としては、無塩のナッツを選ぶと言う事です。

塩気があると美味しく感じますが、塩分過多になると肝臓にも腎臓にも負担がかかるからです。
ウィスキーやバーボンを飲みながらカウンターでつまむならナッツの方が良いですよね。

<タウリンが欲しいならドリンク剤よりタコを食べよ!>

二日酔い予防や疲労回復の成分として、ドリンク剤にはタウリンが入っていますね。
よく「タウリン2000」などという表現を見かけます。

スポンサードリンク

確かに即効性もありますし手軽ですが、必要のない人工的な成分も入っていますよね。
そこで、お酒のつまみでタコやイカ、貝類を選んで下さい。

ドリンク剤ほどの含有量ではありませんが、食品として安心して使うことが出来ます。

貝類でオススメなのは、しじみやハマグリです。
アラニンやグルタミン酸が入っていますので、タウリンと合わせてアセトアルデヒドの分解を促せます。

日本酒を好んで飲む方なら、タコやイカ、貝類のお刺身との組み合わせも良いのではないでしょうか?

<おつまみに肉を選んでも二日酔い予防が出来る!?>

肉類にも二日酔い予防の成分が含まれています。
鶏胸ならオルニチン、豚赤身ならL-システインやメチオニンが入っています。

これらは、アセトアルデヒドを分解しやすくして、二日酔いの予防が出来るのです。
あまり脂ぎった料理にしないのがコツですね。

脂肪分が多すぎる場合は、肝臓の負担となって、アルコールやアセトアルデヒドが分解しにくくなってしまうからです。
鶏肉や豚肉も煮込み一品料理があるので、ワインを好んで飲む方にはオススメなのではないでしょうか?

<まとめ>

お酒に合わせて、二日酔い予防が出来る料理を選ぶのは面白いですね。

同じ食材でも調理方法によって、合わせるお酒は変わります。

ちなみに体が分解できるお酒の許容量は、350ml缶のビール1本を目安にすると良いそうです。
翌日に辛い思いをしないためにも、ほんの少しの工夫をしてみましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑