引越しの見積もりは時期によって早割もある!?

公開日: 

引越し
年に2回くらい引越しで混み合う時期がありますね。
どんなサービスでも混む時を避ければ安くなるのは常識といわれるようになりました。
ただし、急に引っ越さなければいけない人と、日程の余裕がある引越しができる人などにもわかれるでしょう。見積もりを取るときに、時期に合わせたサービスが利用できれば、引越し費用を安くすることもできるのではないでしょうか?
そこで、引越しの時期の選び方や早割のタイミングをご紹介しますね。

スポンサードリンク

混んでいる時期を避ければ引越しの見積もりも簡単

引越しで必ず混むと言って良いのが3月でしょう。
新入生や新卒社員、転勤などの時期が重なって、引越し業者でさえバタバタする時期です。また、9月も社会人が転勤などの異動で引越しが多い時期だといえます。
引越し業界では、11月と1月が空いている時期だと言われていて、その間は料金が低めでスケジュールにも余裕があります。
もし、引越しをする時期が選べるようなら、11月や1月に予定を入れて準備すると、リーズナブルな費用で丁寧な作業も期待できます。早割が使えると、さらに費用を抑えられるのでメリットが大きいですね。

見積もりで早割を使いたいならタイミングを選ぼう

引越しの見積もりも早めに申し込むと早割のサービスが受けられて、費用を安く済ませることができます。業者や引越しの時期によって異なりますが20~50%くらいの値引きが一般的ですね。また、早割適応のタイミングは、引越しの1ヶ月以上前に見積もりをとって契約まで完了しているのが条件とされています。
3月のように引越し激込みシーズンでも、早めに申し込んでおくと、引越しスケジュールも自由にとりやすく、トラックが押さえられない心配もありません。このような忙しい時期に1週間後の引越しを手配しようしても、かなり高額の費用を払わないと対応をしてくれないものだと思ったほうが良いですね。
引越しの見積もりは、引越し予定日の1ヶ月前から遅くとも2週間前にはとっておくものです。その後、1週間前くらいから、ジワジワと費用が高くなっていきますので早めに済ませるのがお得だとわかるでしょう。
早割でも、あまりにも早く申込をすると対応が出来ないケースもあります。
引越し業者によっては、見積書の有効期限があり、それ以前の見積もりは出せないとか、引越し予定日が近くなったのに予定が合わなくなってしまうなどの問題があるからです。
1ヶ月以上前なら早割適用ですが、2~3ヶ月以上も前から申込をすると、面倒とか不便なこともありますね。

スポンサードリンク

業者によって違うオススメの時期を判断するには

引越し業者によっても混んでいる時期・空いている時期が多少違う場合があります。
それの情報は利用する側にまで公開しているわけではないので、空いている時期を狙って早割を使うのが難しいといわれます。
1つだけ見分ける方法をご紹介するとしたら、その引越し業者がキャンペーンを展開する時期をチェックして下さい。1年間通して実施しているキャンペーンではなく、期間限定のキャンペーンのみ判断の対象となります。利用者が少ないなど業者にとってデメリットのある時期だから、キャンペーン実施で宣伝をしていると考えられます。
前もって引越しの予定がある人にしか使えないテクニックですが、キャンペーン時期に早割適用してもらったほうが、思っているよりも見積金額が安くなることもありますよ。

おわりに

引越しの見積もりを取る時期によって、早割などサービスが違って引越し費用が変動します。
混んでいる時期・混んでいない時期なども判断しながら利用を検討したほうが、賢い引越しができると思います。
こちらの事情に合わせて引越してもらうと楽ですが、業者の都合を考えることで優遇サービスが受けられるチャンスが増えて結果的にお得だと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑