目的別に選びたいヨガの種類

公開日: 

ヨガは歴史が長いことから、時代の流れとともに数を増やし、70種類ほどあると言われています。それぞれに目的、効果、運動量が異なってきますので、目的別に選んで楽しくヨガを継続させましょう。

スポンサードリンク

<ヨガの基本、初心者向け>

●ハタヨガ ★★
ヨガの元祖とも言われる伝統的なヨガで、ハは太陽・吸う息、タは月・吐く息を意味しています。ポーズと呼吸をバランスよく取っていくので、ヨガの基本が学べます。

<ダイエット>

●骨盤ヨガ ★★★
骨盤のズレやゆがみを矯正していくポーズを中心に行い、姿勢の改善や腰痛、肩こりの軽減、シェイプアップにも効果があります。

●ヴィンヤサヨガ ★★★★
呼吸に合わせて流れるように連続的なポーズをとっていきます。しっかり体を動かしていくので運動量があり、インナーマッスルも鍛えられます。

●アシュタンガヨガ ★★★★★
太陽礼拝から立位、座位、フィニッシングとポーズの順番が決まっており、ダイナミックでエネルギッシュなポーズを取っていきます。爽快感が非常に人気です。

スポンサードリンク

●パワーヨガ ★★★★★
アシュタンガヨガをベースにアメリカから生まれたフィットネスヨガで、運動量が多くダイエットに効果的です。

<デトックス>

●岩盤・溶岩ヨガ ★★★★
天然鉱物である岩盤・溶岩を温め、その上で汗をかくことにより新陳代謝を活性化させます。大量に汗をかくので、体の中の毒素が排出されます。

●ホットヨガ ★★★★
高温多湿に設定された部屋で行うため、柔軟性が高まり大量の汗をかきます。しっかりと水分補給することが大切です。

<リラックス>

●アロマヨガ ★★
アロマオイルを焚きながら、ハタヨガをベースとしたヨガを行っていきます。アロマの香りで心と体をリラックスさせていきます。

●陰ヨガ ★
座位のポーズを中心に、長い時間をかけて一つ一つのポーズを行っていきます。筋肉をほぐし、心身に深い癒しをもたらしてくれます。

※★は運動量

<まとめ>

ヨガ教室によってもレッスンに取り入れられているヨガの種類は異なります。
運動量が多いヨガは、無理をせず体調に合わせることも大切です。少しずつヨガの種類を覚え、自分に適したメニューを選べるようにしていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑