成田太鼓祭のチケットは?アクセス手段、駐車場とおすすめグルメ情報

公開日: 

伝統ある成田太鼓祭で壮大な太鼓の調べを体験してみませんか!

江戸時代から“成田のお不動様”と親しまれている成田山新勝寺は、初詣でもにぎわう場所ですね。

その歴史ある場所で行われるのが、成田太鼓祭です。

2007年に総ケヤキの総門が落慶したので見どころとなっていますし、お寺までの参道の賑わいもお祭りの楽しさを盛り上げてくれます。

スポンサードリンク

成田太鼓祭で大いに盛り上がろう

成田山は天慶3(940)年に開山されたお寺で、不動明王像があることから地元は“成田のお不動様”を呼ばれています。

境内は20万㎡くらいあって仁王門や釈迦堂など重要文化財がたくさんありますよ。

ここで行われるのが成田太鼓祭です。

お祭りの期間が2015年4月18日(土曜日)と19日(日曜日)です。

太鼓の打ち手として参加するのは2014年で50団体1500人程度でしたので、その迫力にも素晴らしいものがあります。

見に行った中には、すごい迫力で言葉も出なかった人もいるほどなので一度は行ってみたいお祭りなのではないでしょうか?

成田太鼓祭はチケットがないと入れないの?

基本的には、ほとんどの行事がチケットなしでも見学できるようになっています。

成田太鼓祭は、初日の「千願華太鼓」から始まります。立ち見も出来ますので、これはチケット制ではありません。2日目にも千願華太鼓はありますよ。

参道ステージは8か所あって、一斉に全ての会場で太鼓を叩きはじめるので、どれを見たいのかチェックしていればチケットなしで希望する太鼓を見学できます。

フィナーレの太鼓パレードもチケットなしで見学できますが、最終日の15:00から始まる予定なので時間を確認しておきましょう。

17:00~19:00頃に成田山千年夜舞台は座って見たい人だけチケット制になっています。チケットがなければ立ち見が出来ますが、ゆっくりしたい人は公式ホームページでチケット情報が出るのを待ってください。

交通アクセスと駐車場も早めにチェックしておこう!

成田太鼓祭では、一部の時間帯で交通規制が出ます。

2014年は初日が9:45~19:30まで、最終日が9:45~17:30までの間です。

車で行こうと思っているなら、駐車場の混み具合も考えて9:30には到着していた方が良いでしょう。駐車場料金は普通車で1日800円です。

いくつかの駐車場が点在していますので、迷わないように選んでおくようにしましょう。

電車で行っても駅から成田山新勝寺までは歩いて10分くらいの距離ですし、お土産ものなどを見ながら参道を歩くのもオススメですよ。

JR成田駅まではJR快速エアポートで行けますので、東京駅からは70分、成田空港駅からは11分程度で到着します。京成成田駅までなら京浜本線特急が使えて、成田空港駅からは11分、日暮里駅からで63分程度ですね。

太鼓の特設ステージも見たいなら、先にステージのある場所をチェックするにも歩くと便利だと思います。

スポンサードリンク

うな重ランチを食べながら太鼓パレードが見られる!?

参道にはうな重の「川豊」というお店があります。

二階建てになっていて「運良く窓際の席が取れたら」二階からうな重を食べながら太鼓パレードを見ることが出来るでしょう。

ただ、運任せになるので確実にみられるとは思わない方が良いですね。お店でも予約を受けていないので注意してください。

ちなみにうな重の値段もご紹介します。普通のうな重なら2300円、特上うな重なら3900円です。せっかくなので鯉コクも!と思う方は700円で食べられますよ。

参道で食べ歩きが出来る和菓子のお店も充実

参道にはお菓子のお店もたくさんあって、おせんべいから甘いお菓子まで何でもそろっています。

「金時の甘太郎」なら甘太郎焼きが大人気で北海道産あずきを使った控えめな甘さのおやきがありますし、「なごみの米屋総本店」なら栗ようかんが良いですね。落花生の形になっているぴーなつもなかは手が汚れないので食べやすくて女性からも人気です。

甘いものが苦手なら「林田のおせんべい」でしょう。焼きたてのおせんべいもいいですが、串せんといって串に刺さったかき餅は評判がいいですよ。

また甘いものに戻りますが、「成田ゆめ牧場」は定番ジェラートも美味しいです。でも、せっかく成田太鼓祭りで行くのなら、うなぎアイスなど季節限定で珍しいフレーバーが出ますのであまりない経験が出来ますね。

成田太鼓祭は合間のお参りも忘れずに!

成田山新勝寺は金運のパワースポットとしても有名です。芸能人も訪れるほどなので、成田太鼓祭に行ったらお参りを忘れずにしてきましょう。

金運なら不動明王へのお参りが欠かせませんし、その他にも魔よけや縁結び、交通安全祈願のお守りがあります。持っているだけでも安心しますのでお守りの効果が感じられますよね。

身代御守はとくに有名で、江戸時代にこのお守りを持っていた大工が高い所から落ちても怪我をしなかったと所以のあるものです。

お参りをすると不思議なもので気持ちまで清められます。ぜひ行ってきてください。

「成田山」に関する観光スポットを楽天旅ノートでお調べの方

まとめ

成田太鼓祭ではメインは迫力ある太鼓の調べですが、周辺のスポットも見どころがたくさんあります。

他のスポットまで足を伸ばさなくても成田山新勝寺や参道に集中して楽しめる場所がありますので、濃い時間を満喫できると思います。

にぎやかな雰囲気もお祭りの良さなのでぜひ体験してみましょう。

お子さん連れでもカップルでも満足度の高いところがオススメのポイントになっています。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑