神戸Love Portみなとまつりの交通規制やおすすめ観光ルート

公開日: 

毎年、海の日に神戸で開催されるのが神戸Love Portみなとまつりです。

古くから海外の文化になじみ深い神戸で、様々な体験ができるお祭りになってきました。

異国情緒のあふれるイベントに参加してみませんか?

こちらでは、主にメリケンパークを中心に交通規制やおすすめな観光ルート、グルメスポットをご紹介しています。

スポンサードリンク

多くの文化に触れて盛り上がる神戸Love Portみなとまつりとは

神戸Love Portみなとまつりは2002年から海の日に開催することでスタートしたお祭りです。

海の日は毎年7月の第3月曜日なので14回目を迎える2015年は7月19日と20日に開催することになっています。

2014年には23万人が訪れるほど人気のお祭りになったので、神戸が愛されているのがよく伝わってきますね。

神戸は1868年に開港してから国際都市として海外の文化に触れられる場所です。

そのため神戸Love Portみなとまつりにも国際屋台があって、日本にいながら色々な国の食文化を知る機会にもなるでしょう。

神戸Love Portみなとまつりはステージがいっぱい

神戸メリケンパークで開催される神戸Love Portみなとまつりには、ステージエリア・マリンエリア・ランドエリアがあります。

2014年のスケジュールでは初日のステージエリアでは10:00からオープニングセレモニーが始まります。

国際ライブなどのステージイベントが中心です。

マリンエリアでは10:10からイベントが始まり、地元の学生が中心となってイベントを進めていきます。

ランドエリアには様々なブースもあって国際屋台は11:00~20:00まで利用できます。

2日目はステージエリアで9:15ころから、マリンステージでは9:00ころからイベントがスタートです。

ランドエリアでは国際屋台が11:00~19:00まで利用できるのと遊覧ヘリコプターなどの体験も用意していますね。

グランドフィナーレはステージエリアで19:00~20:00ころに行われます。

メリケンパークまでのルートと交通規制は?

神戸Love Portみなとまつりの開催されるメリケンパークまでのルートをご紹介しますね。

一番近い駅は地下鉄海岸線「みなと元町駅」です。駅からメリケンパークまでは歩いても12分くらいしかかかりません。

「元町駅」で降りて5分くらい歩くと「元町商店街」からシティーループというバスに乗ることができます。

「メリケンパーク」バス停まで3分、そこから歩いて4分くらいで会場に到着できます。

片道260円で、乗り換えを含めたトータルの時間でも15分くらいでしょう。

公共交通機関が充実しているのでアクセスがとてもいいですし、車を使う必要はないと思います。

メリケンパーク駐車場はありますが30分で200円かかることを考えるとあまりゆっくりできないかもしれませんね。

スポンサードリンク

他のエリアから泊まりがけで行くなら、始めから会場近くのホテルに泊まると歩いて3分くらいなので、更に便利だと思います。

この場合は神戸メリケンパークオリエンタルホテルやホテルオークラ神戸がオススメです。

メリケンパークを中心とした観光ルートのオススメをご紹介

メリケンパークを中心にして神戸を観光するなら、すぐ近くに「神戸震災メモリアルパーク」がオススメです。

入館料は大人600円で震災のときの海の様子を学ぶことができます。

そして、そこから歩いて15分のところに12月にライトアップされる「神戸ルミナリエ」があります。

神戸Love Portみなとまつりの時期には普通の公園ですが、神戸の震災や復興について考えるには良いコースです。

また、「震災のことも大事だけど神戸の観光をしたい」と思うなら、数え切れないくらいの観光名所があります。

カップルで行く方なら「三宮駅」周辺に「生田神社」があるので、縁結びのお守りを買ったりお参りをするには良いです。

この周辺なら「神戸ドールミュージアム」もあります。

入館料が大人500円で、アンティークドールなど海外の文化に触れるのもいいでしょう。

「元町駅」周辺では南京町があるので中華料理を食べたり、立ち並ぶ店の雰囲気を見てもユニークだと思います。

全体を見回しても神戸にはギャラリーも多いので、芸術的を満喫する観光もできるのではないでしょうか?

国際屋台の後にはグレードアップ・ディナーはいかが?

神戸Love Portみなとまつりでは国際屋台でいろいろなものを食べると思います。

そこで夜はガラッと雰囲気を変えた豪華なディナーも良いのではないでしょうか?

「CENTRAL」は神戸市役所の近くでディナータイムが15:00~21:30です。

ディナーコースでの用意はないようですが、イタリアンでパンのビュッフェもありますよ。

同じく神戸市役所の辺りに「グリル十字屋」があります。

お店のドアからもう雰囲気の良さが出ていてビストロという感覚なのがいいですね。

ビーフカツレツは1550円、シチュータンなら2300円となっていてパンやライスが別になっていて200円です。

「三宮駅」にいくと「元祖 鉄板焼きステーキみその 神戸本店」があります。ディナーコースは10000~20000円が目安でしょう。

神戸牛を目の前で焼いてくれるのもいいですし、何と言っても夜景がキレイなので値段相応の価値があるでしょう。

まとめ

神戸Love Portみなとまつりをご紹介しました。

海外の色々な耐えものを屋台で食べながら、国際色が豊かな神戸を凝縮して堪能できる絶好のチャンスです。

泊まりがけで行っても観光名所やショッピングに最高の街なので、この機会に行ってみてはいかがですか?

神戸はいつ行っても、もっと長くいたくなる場所だと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑