熱狂の日音楽祭は格安で一流!ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

公開日: 

本場フランスのような熱狂的な音楽祭として知られるようになったラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭。

2015年にはその進化版を楽しむ企画になっているようです。

クラッシックが好きな人はもちろん、今まで触れる機会があまりなかった人にもオススメです。

周辺情報も合わせてチェックしてみませんか!

スポンサードリンク

熱狂の日音楽祭はリーズナブルに一流アーティストを聴けるチャンス!

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭は2005年のゴールデンウィークから毎年開催されるようになりました。

日本の各地にも派生していて、金沢や新潟、大津、鳥栖でも開催されます。

1995年からフランスで始まったラ・フォル・ジュルネの日本ヴァージョンで、フランスのイベントは、ヨーロッパの中でもかなり盛り上がりを見せるものとなっているそうです。

2,000人以上のアーティストが参加して300以上のコンサートが開催されます。135の有料プログラムも一流アーティスト参加とは思えないくらいリーズナブルです。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭に行かなければ知ることが出来ないアーティストが見つかります。

クラッシックの会場はお子さん連れで行きにくい環境ですが、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭では小さなお子さんでも見に行けるプログラムを用意しています。

2015年は5月2日~4日までの期間です。

プログラムがたくさんありすぎて選びきれない人には…

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭は公式サイトが設置されているので、事前に調べられる情報がたくさんあります。

その中に“私のタイムテーブル”があり、イベントゆかりの人たちが、「こんな風に見てはいかが?」とプランを掲載しています。

好みに近いタイムテーブルを参考にしながら、アレンジしたプランがあれば効率良くたくさんのプログラムを楽しめるでしょう。

公式サイトには有料プログラムの一覧があって、それを見ながら決めていっても良いですね。

プログラムごとに開催会場が記載されているので、東京国際フォーラム、よみうりホール、大手町・丸の内・有楽町エリアのどこなのかを確認しておきましょう。

哲学者の名前がつけられているホールは、ちょっと覚えにくいかも知れませんね。

交通アクセスは?駐車場は十分なの?

まず、車で行きたいという方はやめたほうが良いと思います。

毎年48万人くらいの人が集まりますので、周辺に駐車場があっても利用するのは難しいでしょう。交通規制の関係ではなく、駐車するのがそもそも無理だと思った方が良いでしょう。

そこで公共の交通機関を選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

JRなら有楽町駅、地下鉄なら有楽町線の「有楽町駅」、日比谷線の「銀座駅」からは徒歩5分、千代田線は「二重橋前駅」から徒歩6分、丸ノ内線なら「銀座駅」から徒歩5分などとなっています。

アクセスは便利ですし、これだけ候補の駅をご紹介するのは、帰りの混雑に巻き込まれたくない人もいるからです。

「歩いて近い駅ほど混む」と思いませんか?

心理的に駅からは近いほうが良いと思ってしまいますので、混み合うのがあまり好きではないなら歩いて時間がかかる駅の方が便利なのかもしれません。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭で食事はどうする?

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭にも屋台が出たり国際色豊かな食事を楽しむスペースがあります。

ただ、ゴールデンウィーク中ということもあって、かなりの混雑が予測できます。

そこで今回は人気のあるお店ではなく、空いているお店を探してみました。やはり東京国際フォーラムで大規模なイベントがあるときは周辺でも混雑するようです。丸ビルもTOKIAも混み合っていると思ったほうが良いですね。

比較的入りやすいのはMY PLAZAがオススメで色々なジャンルのお店が17店舗くらい入っています。

少し離れて東京駅の奥まで歩いて800mくらいのところに、丸の内オアゾがあります。

各階にもレストランなどが20店舗以上ありますので、一度混んでいる場所から離れるとゆっくり食事が出来ます。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭の有料プログラムのプログラムは指定席になっていると座れますが、窮屈な思いはするでしょう。休憩時間を設けるのがオススメです。

熱狂の日はファミリーで参加できるのも大きなメリット

クラッシックコンサートは、「子どもが泣いたらどうしよう」と思ってしまうので、行きたくても行けないママたちが意外と多いです。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭では3歳以下のお子さんが入れる会場もありますので、日頃のストレスを解消しに行きましょう。

託児所を設けたり、おむつ交換・授乳をする場所もしっかりと用意しています。

事前に申し込みが必要なサービスもありますので確認してから手配しておきましょう。

育児でストレスが溜まると言うのは中々理解して貰えないですし、遊びに行く場所も限られてしまいます。

お子さんと一緒にクラッシックを楽しむことで、子どもの音楽の才能に気が付くかも知れませんよ。

楽しい体験プログラムもあるので検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭は、クラッシックのイベントとは思えない盛り上がりを見せます。

今まで興味はなかったのに…とクラッシック好きになる人もいますので、お祭り気分で参加してみてはいかがでしょう。

新しい発見があるかも知れません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑