神父と牧師はこんな風に違った?結婚式では?

公開日: 

クリスチャンではない人に神父さんと牧師さんは、どんなところが違うのかわかりませんね?
実は同じキリスト教の中にも宗派があって、そのために呼び名が違っていると言うことなのです。
2つの宗派では結婚式の方法も少し異なりますので、合わせてご紹介していきますね。

スポンサードリンク

神父さんと牧師さんの基本的な違いはこう

まず、キリスト教にも宗派と言うものがあります。
カトリックとプロテスタントが大きな宗派として知られていて、他にも小さく宗派が分かれているのです。

そして、カトリックでは神父さん、プロテスタントでは牧師さんと読んでいます。
正直なところ、カトリックの友人とプロテスタントの友人を持って一緒にあうと、少々のイザコザが起こります。
間に入る仏教徒には、何でそんなにもめているのか理解できませんし、説明を求めると大変なことに名炒りそうな雰囲気になります。

元々はカトリックが大本になっていて、それに抗議する立場としてプロテスタントが存在していると言うのが一般的な話ですね。
プロテスタントという言葉自体に「抗議する人」と言う意味があるためです。

キリスト教と言えば、胸の前で十字架を切りますが、これはカトリックだけでプロテスタントではしないことなのです。

カトリックとプロテスタントの結婚式では何か大きな違いがあるの?

カトリックの結婚式では、新郎か神父のどちらかがカトリックでなければ教会で式を挙げることが出来ません。
かなり厳しい印象がありますね。

スポンサードリンク

ところがプロテスタントでは、信仰していない人でも教会で結婚式を挙げることを許しています。

カトリックではミサの一環として結婚式も執り行いますので、結婚指輪に聖水をかけて清めるなどの宗教色が強いですね。

プロテスタントは、この様な厳しい感じがないので、仏教徒が多い日本人でもキリスト教式の結婚式を教会でするには、プロテスタント方式になると言う事です。

神父さんとの面接?結婚式の前からしなくてはいけないことがある?

新郎、新婦のいずれかがカトリックであれば、カトリック式の結婚式があげられます。
両方ともがカトリックなら特に難しく考えることはありませんが、一方が別の宗教であれば、教会に通ってマナーやルールを学んでいないと厳しいですね。

場合によっては神父さんの面接を受けてから、と言うところもある様です。
プロテスタント式で結婚式をするときは、受け入れしてくれやすい環境が整っていますが、最低限のマナーがありますので、先に習っておくようにしましょう。

教会で本格的にするのではなく、ホテルのチャペルで行う場合には、本物の牧師さんではない方が仮として立ち会うこともあるそうです。

先に確認しておいた方が良さそうですね。

<まとめ>

牧師さんと神父さんの基本的な違いと結婚式の相違についてご説明しました。
仏教徒の多い環境で育っていると、ピンとこないことがたくさんありますので、結婚式で教会を利用したい場合には、リサーチしてから検討したほうが良いですね。

場所だけ決めてしまって受け付けてくれないのでは、後になって面倒な手間が増えてしまいますよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑